産婦健康診査(産婦健診)を受けましょう

更新日:2020年2月14日

産婦健康診査(産婦健診)の助成を開始します

 那覇市では、平成31年4月1日以降に出産される方を対象に、産婦健診の費用助成を始めます。
 出産後間もない時期は、ホルモンバランスの大きな変化や赤ちゃん中心の生活に変わることから、お母さんのこころとからだには疲れが溜まりやすく、不調を来たしやすい時期でもあります。産婦健診を受けて、お母さんのこころとからだが順調に回復しているか確認しましょう。
※添付ファイル:産婦健診のご案内(PDF(PDF:796KB))

産婦健診とは

 産後のお母さんのこころとからだの健康チェックを行うための健診です。沖縄県内にある産婦健診実施医療機関や助産所で受けることができます。産後2週間頃と1か月頃に各1回、産婦おひとりにつき2回受けることができます。

◆費用助成の対象となる方◆
平成31年4月1日以降に出産された産婦さんで、健診受診日に那覇市に住民票のある方。産後8週間を超えると受診できません。
※那覇市から、産婦健診を実施していない市町村に転出(引越し)された場合は、交付された受診票を使用することができませんので、ご注意ください。

沖縄県内で産婦健診の実施予定12市町村:那覇市、浦添市、沖縄市、うるま市、久米島町、本部町、中城村、渡嘉敷村、粟国村、南大東村、北大東村、伊平屋村

◆健診の内容◆
産後の心とからだの健康チェック
問診・診察・血圧測定・体重測定・尿検査・こころの健康チェック(エジンバラ産後うつ病質問票※)、赤ちゃんへの気持ち質問票
※上記以外の検査・診察・投薬については公費負担対象外です。
※赤ちゃんの健診は対象外です。

◆助成額◆
1回あたり上限5,000円 ※5,000円を超えた分は自己負担となります。

◆産婦健診の受け方◆
1. 産婦健診を受けるためには、「産婦健康診査受診票」が必要です。
 <受診票の受け取り方>
(1)平成31年4月以降に妊娠届出をされる方には、母子健康手帳と一緒に交付します。
(2)平成31年3月末までに妊娠届出がお済みの方は、那覇市保健所の母子健康手帳窓口でお受け取りください。
   また、出産予定の産科医療機関・助産所にも準備していますので、受付窓口でお尋ねください。
(3)市外から転入された方には、那覇市保健所の母子健康手帳窓口にて、受診票をお渡しします。

2. 産婦健診受診票を持参し、沖縄県内の産婦健診実施医療機関・助産所で受診してください。
  ※添付ファイル 産婦健診実施医療機関・助産所リスト(PDF(PDF:337KB)

3. 那覇市では、お母さんと赤ちゃんの健康を守るため、産婦健診を受けられた医療機関・助産所と連携しながら各種支援を行うことがあります。

 


県外へ里帰り出産をされる方へ(償還払いのご案内)

 県外医療機関での健診受診をご希望の方は償還払い(払い戻し)の手続きがあります。 その場合、産婦健診費用は一度自己負担いただきますが、後日申請をすることで、助成の範囲内で費用をお返しすることができます。助成の上限額は、1回の受診につき5,000円です。ただし、こころの健康チェック(エジンバラ産後うつ病質問票)を実施していない場合は、助成の対象外となります。

償還払い(払い戻し)の概要や申請書類については、下記の添付ファイルをご覧ください。

 

お問い合わせ

健康部 地域保健課 母子包括G

〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1丁目3番21号

電話:098-853-7962

ファクス:098-853-7965