「個人番号カード」申請時の電子証明書の搭載について

更新日:2019年3月18日

「個人番号カード」申請時の電子証明書の搭載について

  • 電子証明書とは、公的個人認証サービスを利用する際に、本人確認及び利用者本人であることの証明書です。 公的個人認証サービスを利用することで、自宅のパソコンからインターネットを使って、 様々な行政手続きを行うことができます。
  • 個人番号カードへの電子証明書の搭載を希望しない場合、申請書の該当する□部分を黒く塗りつぶす必要があります。

    申請書見本
    申請書(画像:171KB)


(1)署名用電子証明書
 自宅のパソコンなどからインターネットを利用してe-taxや各種電子申請を行うことができます。

(2)利用者証明用電子証明書
 コンビニ交付サービスを利用したり、マイナポータルへログインすることができます。(※マイナポータルとは、マイナンバーに関連した個人情報がいつ、だれが、なぜ提供したのか自ら確認できるサービスです。平成29年7月からサービス開始予定です。)
 那覇市は平成28年10月からコンビニ交付サービス開始予定です。

 ※上記証明書を希望しない場合、コンビニ交付やマイナポータル、
 e-tax等のサービスを利用することができません。
 ※初回個人番号カード発行時は電子証明書の搭載手数料が無料です。
 (発行時および更新時は有料)
 ※電子証明書の有効期限は原則発行日から5回目の誕生日です。

関連情報

お問い合わせ

市民文化部 ハイサイ市民課 住民記録G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎1階

電話:098-862-3274

ファクス:098-862-0384