令和4年度 市民税・県民税(住民税)申告に関するご案内

更新日:2022年3月16日

申告会場(タイムスビル)での受付は3月15日(火曜)をもって終了しました。

令和4年度市・県民税兼国民健康保険税の申告期限の延長について

市では、新型コロナウイルス感染の急速な拡大に伴い、申告期間(2月16日~3月15日)にかけて 新型コロナウイルス感染症の影響により申告等が困難な方については、令和4年4月15日までの間、郵送による申告を受付致します。
詳しくは下記リンク先からご確認ください。

期間 「市・県民税申告」 所得税の「確定申告」
2月16日(水曜)~3月15日(火曜) タイムスビル(事前予約優先) 「確定申告書」の受付可
3月16日(水曜)~4月15日(金曜)

窓口での受付不可
郵送受付可(新型コロナウイルス感染症の影響により上記期間にかけての申告等が困難な方に限る)
※但し、郵送が困難な方は市・県民税の申告に係る資料をお持ちのうえ、那覇市役所3階38番市民税課窓口にお越しください。

「確定申告書」の受付不可
※確定申告のご相談は、各管轄の税務署へお尋ねください。

4月18日(月曜)~5月31日(火曜) 受付停止

申告予約(受付終了しました)

申告予約受付は終了しました。
ご予約頂きありがとうございました。

●申告会場では、予約をした方から優先的にご案内しております。
※会場での申告は、予約なし(当日枠)の場合2~3時間お待ちいただくことがあります。申告の予約をすると、待ち時間が短くスムーズにご案内できますので事前予約のうえ、ご来場ください

●申告期間中は、お電話が大変繋がりにくい状況となっております。ご予約はなるべくこちらのページからお願いします。

●申告会場では、午前中が比較的混雑いたします。予約なしでご来場される場合は、「申告会場リアルタイム混雑状況」で、事前に混雑状況をご確認のうえ来場いただくことが可能です。

●会場の混雑状況や新型コロナウイルス感染状況に応じ、当日枠の受付人数制限を設ける場合があります。あらかじめご了承ください。

申告会場リアルタイム混雑状況



申告予約

待ち組数:--

待ち時間:--



所得申告(還付)

待ち組数:--

待ち時間:--



所得申告

待ち組数:--

待ち時間:--



令和4年度 市民税・県民税(住民税)申告に関するご案内

令和4年度 市民税・県民税(住民税)の申告について

市民税・県民税(住民税)は、令和4年1月1日現在、那覇市に住民登録がある方や事業所がある方に対し令和3年中の所得(1月1日から12月31日)に基づいて課税されます。

※令和3年中に収入がない方は申告する必要はありませんが、所得証明書(課税証明書)、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育園の入所ほか様々な行政サービスを受けるために申告が必要な場合があります。

申告が必要かどうかは下記の「市民税・県民税の申告が必要な方」から判断してください。

市民税・県民税申告と確定申告について

●市民税・県民税申告とは
前年中の1月1日から12月31日までに得た所得の申告手続きです。
1月1日に住民登録をしている市区町村で手続きすることができます。
●確定申告とは
国税である所得税の申告手続きであり、確定申告書にて自ら該当年の所得税を計算し、納付したりまたは還付を受けたりする手続きです。原則、管轄する税務署での手続きです。

※申告期間中に限り、昨年中の所得が給与や公的年金のみなどの簡易な確定申告であれば申告会場(タイムスビル)にて受付いたします。

受付期間および受付会場について

郵送による申告の推奨について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送による申告を推奨しております。市民税・県民税申告書を申告する方は申告書類に郵送用封筒を同封しておりますので、切手を貼付のうえご使用ください。

前年中に収入がなかった方、給与や年金収入のみの方に限らず、事業・不動産収入などすべての方で郵送による申告が可能です。

郵送による申告をする方は、下記の「市民税・県民税申告書の郵送による提出について」をご確認ください。

申告書発送日

令和4年2月4日(金曜日)
申告書がすべての発送対象者へ届くまで1週間程度を要します。
申告が必要な方で申告書が届かない方については、郵送いたしますので下記連絡先までご連絡ください。

那覇市役所 企画財務部 市民税課 電話:098-861-3328(直通)

市民税・県民税の申告が必要な方

わたしは市民税県民税の申告をする必要があるのでしょうかの画像

確定申告が必要な方

国税庁ホームページ「 確定申告が必要な方(外部サイト)」にてご確認ください。

年金所得者に係る確定申告不要制度に伴う個人住民税の申告について

以下の(1)(2)いずれにも該当する場合には、計算の結果、納税額がある場合でも所得税等の確定申告は必要ありません。
(1)公的年金等(その全部が源泉徴収の対象となるものに限ります。)の収入金額が400万円以下
(2)公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下
※上記の場合でも、「確定申告をすれば税金が戻る方」(外部サイト)に該当する場合には、還付を受けるための申告(還付申告)を行うことにより税金が還付されます。

年金所得者に係る確定申告不要制度により所得税等の確定申告をしなかった場合でも、次に当てはまるときは個人住民税の申告が必要です。
●公的年金等に係る雑所得のみがある方で、「公的年金等の源泉徴収票」に記載されている控除(社会保険料控除や配偶者控除、扶養控除、基礎控除等)以外の各種控除の適用を受けるとき
●公的年金等に係る雑所得以外の所得があるとき(所得金額が20万円以下であっても申告が必要です)

新型コロナウイルス感染症に関連する助成金等の申告について

国や地方公共団体から支給された給付金、助成金、協力金など(以下「助成金等」といいます。)については、個別の助成金等の事実関係によって課税関係が異なります。詳しくは「個人に対して国や地方公共団体から助成金が支給された場合の取扱い(外部サイト)」をご参照ください。

タイムスビルでの申告について

申告会場における新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

●入場時の検温
体温が37.5度以上の発熱がある場合は、来場を控えてください。
※体調がすぐれない方は、無理をせず、後日あらためてご来場ください。
●マスクの着用
会場内では、常時マスクを着用ください。
●出入り口での手指消毒
会場内への出入り口及び各所に手指消毒液を設置していますので、適宜手指消毒にご協力ください。
●筆記用具(黒ボールペン)の持参について
接触感染を防ぐため、筆記用具(ボールペン)の持参にご協力ください。
●申告受付事前予約について
申告会場での申告受付は予約者を優先して案内します。申告予約受付サイトから予約をお願いします。

※感染者の濃厚接触者である場合、検温やマスク着用にご協力いただけない場合など感染防止の観点から適切でないと判断したときには入場をお断りさせていただきます。
みんなで協力して、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しましょう!

タイムスビルで申告される際に必要なもの

申告に必要なものの画像

申告会場(タイムスビル)には、専用駐車場はありません。

公共交通機関をご利用ください。
会場周辺には有料駐車場がございますが、駐車料金は全額自己負担となりますのであらかじめご了承ください。

市民税・県民税申告書の郵送による提出について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送による申告を推奨しております。市民税・県民税申告書を申告する方は申告書類に郵送用封筒を同封しておりますので、切手を貼付のうえご使用ください。

前年中に収入がなかった方、給与や年金収入のみの方に限らず、事業・不動産収入などすべての方で 郵送による申告が可能です。

郵送提出する場合の添付書類について

【添付書類】

収入や各種控除の必要書類(源泉徴収票、生命保険料控除証明書等)は原本の写しを添付して下さい。
 
※事業・不動産収入のある方:帳簿や領収書の添付は不要ですが、申告書裏面(5.事業所得(営業等・農業)のある人)をきちんと記載してください。なお、収入や控除の必要書類原本、帳簿や領収書は項目別に整理して申告期間から7年間は保管してください。
※医療費控除の適用を受ける方:医療費控除の明細書を添付してください。

送付先

〒900-8585
那覇市泉崎1丁目1番1号 那覇市役所 市民税課

申告書の控えをご希望の場合について

申告書の提出の際、申告書(控え)はお渡ししておりません。申告書(控え)をご希望の場合は、申告時に職員へ申し出てください。
なお、郵送提出の方で申告書(控え)をご希望の場合は、切手を貼った返信用封筒を同封のうえ、ご郵送ください。

税務署所管の「確定申告書」の郵送による提出について

税務署所管の所得税の「確定申告書」の郵送は、北那覇税務署あてになりますのでご注意下さい。
 【あて先】 
〒901-2550
浦添市宮城5丁目6番12号
北那覇税務署内
税務署事務処理センター
(北那覇税務署)

申告書の記入について

(1)現住所、氏名(フルネーム)をご記入ください。

(2)連絡先の電話番号をご記入ください。 ※申告内容について、後日ご連絡をさしあげる場合があります。

(3)収入、控除、扶養欄等をご記入してください。
 

「3収入金額」欄、「4所得金額」欄について

所得がなかった人(所得0円申告)の記入例

所得0円の申告書記入例(PDF:798KB)
所得がなかった方においても、本人控除及び扶養親族のある人については扶養の「有・無」に○印をお願いします。

給与所得がある方

(申告書裏面 8 給与証明欄)(PDF:2,079KB)
勤務先から那覇市に給与支払報告書が提出されなかった場合は、勤務先から源泉徴収票や給与証明書、給与明細書を交付していただき、申告書には原本を添付してください。 勤務先から交付いただけない場合は、直接申告書裏面の 8 給与証明欄に記載いただいたうえ、ご提出ください。

営業・農業所得がある方

(申告書裏面 5 事業所得(営業等・農業)のある人欄)(PDF:2,079KB)
帳簿・領収書等は項目別にしてすべてご持参ください。
※郵送提出の場合、帳簿・領収書等の添付は必要ありません。
  項目別に整理して保管してください。後日確認を求める場合があります。

不動産所得がある方

(申告書裏面 6 不動産所得のある人欄)(PDF:2,079KB)
帳簿・領収書等は項目別にしてすべてご持参ください。
※郵送提出の場合、帳簿・領収書等の添付は必要ありません。
  項目別に整理して保管してください。後日確認を求める場合があります。

「2所得から差し引かれる金額(所得控除)に関する事項」欄ついて

医療費控除について

医療費控除を申請する方は、「医療費控除の明細書」を作成し、添付しなければなりません。
申告書が送付されている方は「医療費控除の明細書」を同封しておりますのでご確認ください。
※申告会場で医療費控除を申告される方は、ご自宅で医療費控除の明細書を作成してからご来場ください。
※申告に際して、医療費の領収書の添付又は提示は不要です。

・医療費控除の明細書【内訳書】(様式)(PDF:90KB)

・医療費控除の明細書【内訳書】(様式)(エクセル:634KB)

・記載要領(PDF:209KB)

・記載例(PDF:160KB)

≪参考≫

医療費控除について(外部サイト)

各種控除について

各種控除(PDF:831KB)
各種控除には領収書・証明書の原本を添付してください。
※郵送提出の場合、証明書の写しを添付してください。

本人控除及び扶養控除等について

本人控除および扶養控除等(PDF:2,768KB)
障害者控除を申請する場合には証明する手帳等を添付してください。
※郵送提出の場合、証明する手帳等の写しを添付してください。
扶養親族のある人については扶養の「有・無」に○印をお願いします。
なお、別居している扶養親族がいる場合は、「申告書裏面 7 別居している扶養親族の氏名・住所・個人番号記入欄」へご記入ください。

上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書について

上場株式等の配当所得・譲渡所得がある方は所得税の確定申告とは別に、市民税・県民税の納税通知書が送達される(お手元に届く)日までの間に市民税・県民税申告書を提出することで、所得税と市民税・県民税で異なる課税方式(申告不要、申告分離課税、総合課税)を選択できます。手続きを希望される方は「上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書」をご提出ください。
上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書(PDF:76KB)

なお、確定申告書の「住民税に関する事項欄に全部を申告不要とする」旨の記載をした場合は、手続きは不要です。

令和4年度に適用される個人住民税の主な改正点

令和4年度(令和3年1月1日から令和3年12月31日の間に得た収入)の個人住民税から適用される改正点をお知らせします。
令和4年度個人住民税の主な改正点

お問い合わせ

企画財務部 市民税課 管理G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎3階

電話:098-861-3328

ファクス:098-862-4258