食品営業許可の手続きについて

更新日:2021年9月3日

食品営業許可の手続きについて

食品の製造や販売等の営業を行う際、食品衛生法に基づく32業種については、営業許可が必要になります。これらの許可を受けるには、業種ごとに定められた施設基準を満たしていなければなりません。

営業許可が必要な主な業種

営業許可が必要な主な業種は以下の通りです。
調理業:飲食店営業
販売業:食肉販売業、魚介類販売業
製造業:菓子製造業、そうざい製造業、漬物製造業

食品営業許可を受けるには?

事前相談

施設の工事を始める前に、施設の概要がわかる図面等を持参のうえ、ご相談ください。
許可取得のために必要な設備基準等を説明します。


※既存の建物を使用する場合や、建物の一部にテナントとして入居する場合には、建築基準法、下水道法、消防法令等に適合しているか事前に確認することをお勧めします。

以下のページも必ずご確認ください。

申請

以下の申請書類を持参のうえ、那覇市保健所 生活衛生課の窓口にてお手続きください。

必要書類
項目備考
食品営業許可申請書

1 営業許可申請書(様式(PDF:303KB)様式(エクセル:41KB)記載例(PDF:403KB)
2 施設の構造及び設備を示す図面(記載例(PDF:75KB)

申請手数料

業種ごとに金額が異なります
申請手数料一覧(PDF:261KB)

その他

申請時、以下の書類を持参のうえお手続きされることをおすすめします。
1 営業所までの案内図(地図)
2 登記事項証明書(法人で申請の場合)
3 食品衛生責任者の資格証

※書類の詳細についてはお問い合わせください

申請後の流れ

申請書類の提出後、施設検査の予約方法についてご案内いたします。
施設検査当日までに営業が可能な状態(器具類等を揃えておく)にしておくことが必要です。なお、施設基準に適合しない場合は再検査になります。

食品衛生講習会及び営業許可証の交付

講習会を受講し、食品営業許可証を受け取ってください。
※現在、新型コロナウイルス感染症対策に係る緊急事態宣言の発令に伴い、 食品衛生講習会の開催を見合わせています。
  講習会の再開については、追ってホームページ上に掲載致します。

営業開始

営業許可証は施設の見やすい位置に掲示してください。
HACCPに沿った衛生管理に取り組む必要があります。衛生管理計画を作成し、日々の取り組みを記録に残しましょう。
※HACCPについて詳しくはお問い合わせください。

営業開始後の手続き

営業内容に変更があった場合

必要書類
変更事項様式添付書類
営業者(個人)の住所変更、改姓変更届(様式(PDF:298KB)様式(エクセル:38KB)

住民票等
営業許可証(原本)

法人の住所、名称、代表者の変更

履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
営業許可証(原本)

屋号の変更営業許可証(原本)
【個人】相続による地位承継地位承継届(様式(PDF:216KB)様式(エクセル:29KB)

被相続人の戸籍謄本又は法定相続情報一覧図の写し
同意書(相続人が2人以上いる場合)(様式(PDF:49KB)様式(ワード:16KB)
営業許可証(原本)

【法人】合併による地位承継

登記事項証明書(合併後存続する法人又は設立された法人の登記事項証明書)
営業許可証(原本)

【法人】分割による地位承継

登記事項証明書(分割により営業を承継した法人の登記事項証明書)
営業許可証(原本)

営業者の変更(個人→法人、法人→個人を含む)

※新たに営業許可が必要となります

上記の「食品営業許可を受けるには?」を参照のうえお手続きください

営業施設の移転、新築

その他のお手続き

必要書類
手続き内容様式添付書類等

廃業したとき
※営業者の変更、営業施設の移転により新規で営業許可を取得した場合を含む

廃業届(様式(PDF:295KB)様式(エクセル:38KB)営業許可証(原本)
営業許可証を紛失したとき食品営業許可証再交付申請書(様式(PDF:86KB)様式(ワード:20KB)

手数料:400円
(1)許可営業者本人が申請を行う場合:身分を証明する書類
(2)許可営業者の代理人が申請を行う場合:それを証明する書類


お問い合わせ

健康部 生活衛生課 食品衛生G

〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1丁目3番21号

電話:098-853-7963

ファクス:098-853-7965