有害・危険ごみ、電池

更新日:2020年10月8日

有害・危険ごみ、電池

有害・危険ごみ、電池に分けるもの

有害ごみ

・蛍光灯(購入時の包み箱に入れてください)、水銀体温計は有害ごみです。

危険ごみ

・割れガラス、割れびん、板ガラス、カミソリ、カッターなどの刃物類は危険ごみです。

乾電池

・マンガン電池、アルカリ電池は乾電池です。

有害・危険ごみ、電池ではないもの

・カセットボンベ缶やスプレー缶は中身を使い切って資源化物の「かん」で出してください。
・白熱灯は包み箱に入れて「もやさないごみ」で出してください。

有害・危険ごみ、電池の出し方

・種類ごとに分別し、中身がわかるように、透明・半透明の袋に入れてください。
※割れガラス、刃物など、刺さる恐れのあるものは、厚紙で包み「キケン」と書いて、袋に入れてください。
※ライターは、ライターのみを袋にいれて、他のきけんごみと別々の袋で出してください。(もやさないごみの袋には混ぜないでください。)

★充電式電池、ボタン電池の回収協力店一覧(PDF:134KB)


お問い合わせ

環境部 廃棄物対策課

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎7階

電話:098-951-3231

ファクス:098-951-3230