マスクをつけられない人へのご理解をお願いします

更新日:2021年5月11日

 新型コロナウイルスの感染症対策の一つとして「マスクの着用」が推奨されていますが、発達障がい、感覚過敏、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまな原因でマスクやフェイスシールドをつけたくてもつけられない人がいます。


 WHOの「COVID-19に関連した地域社会の子どものためのマスク使用に関するアドバイス」においては、「発達上の障害や他の障害、またはマスク着用に支障をきたす可能性のある特定の健康状態をもつ子どもに対しては、マスクの使用を強制するべきではない」「フェイスシールドなどのマスク着用に代わる選択肢を与えるべき」としています。

 障がいの特性によりマスクなどをつけられない人へのご理解をお願いします。

厚生労働省 マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について(外部サイト)

「マスクをつけられません」バッジについて

 
沖縄県発達障がい者支援センターでは、触覚・嗅覚等の感覚過敏といった障がい特性により、マスクの着用が困難な人への意思表示のツールとして「マスクをつけられません」バッジを作成しており、このバッジは那覇市障がい福祉課にて配布しています。

 バッジについては、那覇市在住でおひとり様1個の配布といたしますので、「バッジの趣旨について」(PDF:31KB)をご確認のうえご利用いただきますようお願いいたします。
 数に限りがありますので、那覇市障がい福祉課までお問い合わせください。

 (参考)沖縄県発達障がい者支援センター https://www.okinawa-gajyumaru.jp/news/6402.php(外部サイト)

お問い合わせ

那覇市 障がい福祉課

那覇市泉崎1丁目1番1号

電話:098-862-3275

ファクス:098-862-0621