子育て応援課における個人番号(マイナンバー)の利用について

更新日:2019年3月18日

子育て応援課における個人番号(マイナンバー)の利用について

平成28年1月からマイナンバー制度が導入されました。
個人番号(マイナンバー)を利用した情報連携の本格運用が始まり、一部の添付書類が省略可能となることから、子育て応援課の対象事務の申請において個人番号(マイナンバー)の記載及び提示が必要となります。又ご本人及び代理で申請される方の身元確認も義務付けられています。申請の際には個人番号が記載された書類を忘れずにお持ちください。
 

対象事務

 
※その他の申請(こども医療費など)に個人番号は不要となっております。
 

必要な書類

次のうち、どちらか1つ
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・個人番号通知カード
・住民票の写し(個人番号が記載されたもの)
 ※個人番号通知カード又は住民票の写しの場合、顔写真付きの身分証明書も必要になりますので、ご注意ください。
 ※個人番号通知カードは、記載事項(住所、氏名、生年月日、性別、個人番号)が住民票の記載事項と一致している場合に限り、マイナンバーを証明する書類として使用することができます。
 

窓口での本人確認について

・窓口で申請される場合は、本人確認(番号確認と身元確認)が必要となります。
 

本人が申請する場合
番号確認身元確認
個人番号カード
(マイナンバーカード)
個人番号カード(マイナンバーカード)
※個人番号通知カード
又は
住民票の写し
(個人番号の記載があるもの)
顔写真付きの本人確認書類等がある場合運転免許証、パスポート 、在留カード、身体障害者手帳などから1点
顔写真付きの本人確認書類等がない場合年金手帳、健康保険証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書などから2点

※注意※
個人番号通知カードは、記載事項(住所、氏名、生年月日、性別、個人番号)が住民票の記載事項と一致している場合に限り、マイナンバーを証明する書類として使用することができます。

代理人が申請する場合(児童扶養手当を除く)
本人の番号確認代理人の確認代理人の身元確認
(1)本人の個人番号カード
又はその写し
(2)本人の個人番号通知カード
又はその写し
(3)本人の個人番号が記載された住民票の写し・住民記載事項証明書又はその写し
・戸籍謄本その他その資格を証明する書類
(法定代理人)
・委任状
(任意代理人)
顔写真付きの本人確認書類等がある場合運転免許証、パスポート、在留カード、身体障害者手帳などから1点
顔写真付きの本人確認書類等がない場合

年金手帳、健康保険証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書などから2点

 
※委任状様式(委任状様式(PDF:67KB)
 
※特別児童扶養手当の代理人申請については、下記ご連絡先までお問い合わせください。
 

省略可能な添付書類

 省略可能となる書類は連携が始まる情報や対象事務によって開始時期が異なります。各種申請の際に省略可能となる書類と時期は次の通りです。 
 

<児童手当>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
2住民票の写し平成30年7月2日
3年金加入証明書又は保険証の写し令和2年6月1日

 

<児童扶養手当>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
2住民票の写し平成29年11月13日
3児童福祉施設入所受給者証等
又は措置決定通知書等の写し
平成29年11月13日
4年金決定通知書の写し平成30年3月頃

 

<特別児童扶養手当>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
2住民票の写し平成29年11月13日

 

<ひとり親家庭等日常生活支援事業>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
※その他の省略が可能な書類について、随時お知らせいたします。

<助産施設入所制度>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
※その他の省略が可能な書類について、随時お知らせいたします。

 

<那覇市母子生活支援センター「さくら」>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
※その他の省略が可能な書類について、随時お知らせいたします。

 

<ひとり親家庭自立支援給付金事業(自立支援教育訓練給付金、高等職業訓練促進給付金)>
 省略可能書類時期
1所得証明書平成29年11月13日
※その他の省略が可能な書類について、随時お知らせいたします。

 
※正確な日程は未定となっております。申請の際にご確認ください。
 

お問い合わせ

こどもみらい部 子育て応援課 児童手当G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎3階

電話:098-861-6951

ファクス:098-917-2391