地籍調査を実施します

更新日:2019年3月18日

地籍調査を実施します

 本市では、平成26年度から国土調査法にもとづく地籍調査を実施しています。平成28年度は
字寄宮・長田1丁目・識名1丁目及び字宇栄原・宇栄原4丁目・宇栄原5丁目・宇栄原6丁目にお
いて一筆地調査を行っています。
 また、首里金城町4丁目・繁多川4丁目の一部地域の国土調査成果の閲覧を行っています。

地籍調査とは

 一筆ごとの土地について土地所有者等の立ち会いを得て、所有者・地番・地目・面積を
 明確にし、簿冊(地籍簿)と正確な地図(地籍図)を作成します。
 【関連ページ】
 

バナー 地籍調査Webサイト

地籍調査のメリット

  • 土地トラブルの未然防止や土地取引の円滑化
  • 災害復旧の迅速化
  • 固定資産税課税の適正化
  • 土地所有者等の費用負担なし
  • その他(地籍調査の効果 参照)

地籍調査の流れ

標準的に一つの調査区域を3年で完了させます。
 
 -1年目-
(1) 説明会
 説明会を開催し、土地所有者の皆様に調査の内容やスケジュールなどについて説明します。
 
(2) 境界の確認(一筆地調査)
 地籍調査では、土地所有者の方々に自分の土地の範囲を明らかにしてもらいます。
公図等を基に作成した資料を参考に、調査担当者が現地を訪ねます。
 境界をはさんだ土地所有者の方々に、双方の合意の上で土地の境界を確認していただき、
土地の所有者、地番、地目なども合わせて調査します。
 ※地籍調査では、この一筆地調査が大変重要となります。

 -2年目-
(3) 境界の測量(地籍測量)
 測量の基礎となる鋲(杭)を設置し、筆ごとの位置を決める測量を行います。
筆ごとの位置が決まったら、その結果を基に正確な地図(地籍図)を作り、面積を測ります。
 
 -3年目以降-
(4) 結果の確認(閲覧)
 作成された「地籍簿」と「地籍図」は、土地所有者の方々に閲覧していただき、確認を行います。
閲覧場所は那覇市役所地籍調査課内で、期間は20日間です。
 万が一、結果に誤りがあった場合には、申し出て下さい。ここで確認された結果が、最終的な
地籍調査の成果となります。
 
(5) 登記所へ送付
 地籍調査の成果は国の認証を得て、その後「地籍簿」と「地籍図」の写しを登記所に送付
します。登記所では、「地籍簿」をもとに登記簿を修正し、「地籍図」が備え付けられます。

皆様へのお願い

  • 土地の境界については、事前に位置を確かめておいて下さい。
  • 境界杭や標識などは、測量の基礎となるものですから絶対に動かさないで下さい。
  • 土地の所有者には、境界の確認の立ち会いをお願いします。立ち会っていただく日時は、事前にお知らせします。
  • 測量などのために、皆様方の所有地に立ち入ることがありますのでご了承下さい。

 注意:地籍調査にあたり、隣接地との境界が確認できなかった場合には、「筆界未定地」とされ、当該土地の正確な地図が登記所に備え付けられません。後日、境界が確認された場合は、各所有者の負担で地図訂正等の登記手続きが必要となります。

平成28年度の地籍調査の範囲(赤で示された範囲)

○字寄宮・長田1丁目・識名1丁目
 
寄宮調査地区

○字宇栄原・宇栄原4丁目・宇栄原5丁目・宇栄原6丁目
宇栄原調査地区
 

お問い合わせ

まちなみ共創部 地籍調査課

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎8階

電話:098-943-0779

ファクス:098-917-1382