新年度に伴う継続した新型コロナウイルス感染拡大防止について

更新日:2020年4月6日

新年度に伴う継続した新型コロナウイルス感染拡大防止について

全国的に感染者が増加傾向にあることに加え、本県においても感染者が増加する状況となる等、各小中学校においては、引き続き感染予防及び感染拡大防止に取り組む必要があります。
つきましては、新年度に伴う新職員を交えた組織体制を構築していただき、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止に万全を期すようお願いいたします。

  1. 新年度以降も継続して「検温及び健康観察シート」を活用した健康管理の徹底をお願いします。
  2. 児童生徒に風邪の症状(発熱、鼻水、咳、倦怠感等)が見られるときは、自宅で休養させてください。その場合は、出席停止になります。
  3. 2に該当しない児童生徒についても保護者から出席させることへの不安の申し出があるときは、校長は出席停止にすることができます。
  4. 教職員においても風邪の症状(発熱、鼻水、咳、倦怠感等)が見られる場合は、休ませてください。
  5. 学校関係者(児童生徒・教職員)が感染した場合、感染者が最後に登校・出勤した翌日から14日間を目安として、当該校を臨時休校とします。
  6. 感染者と濃厚接触のある学校関係者(児童生徒・教職員)は、自宅で14日間の経過観察となり、登校・出勤はできません。

お問い合わせ

学校教育部 学校教育課 指導G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎11階

電話:098-917-3506

ファクス:098-917-3522