那覇市教育委員会の教職員の働き方改革に関する取組み

更新日:2023年8月31日

教職員の多忙化を解消し、教職員の健康を確保するため、保護者・地域の皆さんへのご理解・ご協力をお願いいたします。

1 那覇市教育職員働き方改革プラン(令和5年8月改訂版)

2 教育委員会がこれまでに行った取組み

(1)人的支援による教員の負担軽減

 ・教員以外の人材の活用

  ⇒スクール・サポート・スタッフ、中学校部活動指導員、学習支援員等

(2)校務支援システムの導入(令和元年11月)による教員の事務負担軽減

 ・児童生徒の出席状況や指導要録の作成、定期テストの成績処理、通知表や高校入試の際の帳簿作成等の電子化を行っています。

(3)出退勤打刻システムの導入(平成30年9月)

 ・勤務時間の客観的な把握による残業時間の削減、効率的な業務改善に努めています。

(4)教職員の定時退勤促進

 ・保護者や地域の方々の理解と協力のもと、ノー残業デーの設定や留守番電話の活用を推奨しています。

(5)部活動の在り方の見直し

 1)平日2時間程度、休日3時間程度の活動時間とする。

 2)平日1日以上、土日のうちいずれか1日を休養日とする。

(6)教職員が休みを取得しやすい環境づくり
 ・令和元年8月から学校閉庁日とリフレッシュウィークを設定しています。

(7)産業医配置事業
 ・職員50名以上の学校へ産業医を選任し、教職員の労働環境の改善、健康の増進に努めています。

3 今後予定している取組み(令和5年8月末現在)

(1)小中学校法律相談事業(研修)

 ・R5年度は弁護士による研修事業を検討しています。

(2)校務支援システムや出退勤システムの更新
 ・教員の負担軽減に向けて、R6年度にシステム更新を検討しています。

参考

お問い合わせ

学校教育部 学校教育課 教職員グループ

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎11階

電話:098-917-3506

ファクス:098-917-3522