広報なは市民の友を「マチイロ」アプリ・マイ広報紙で配信しています!

更新日:2021年3月15日

広報なは「市民の友」のアプリ配信しています!

スマートフォンやタブレッドなどで使えるアプリ『マチイロ』をダウンロードしてインストールすると、広報なは「市民の友」をいつでもどこでも読むことができます!

マチイロヘッダー


「マチイロ」とは?

市が発行する広報紙をスマートフォンやタブレットなどで、いつでも読むことができる広告掲載型の無料ソフトウェア(アプリ)。全国の250以上の自治体で利用されています。

アプリの利用方法

  1. 「マチイロ」のアプリを下段から機種に応じてインストールします。
  1. 居住地を「那覇市」に設定します。これで設定終了です。
  1. 自動的に毎月1日に「広報なは市民の友」最新号を配信します。

iphone、ipadの場合

アイコンを

iosQRコード


Androidの場合

アイコン

iosQRコード

主な機能

  • 市のホームページにアクセスしなくても、最新号の「広報なは市民の友」を納品日に合わせて自動で端末にお届けします。
  • 画像の切り取り・保存ができるため、メールへの添付やSNS等でのシェアができます。
  • ページめくりや拡大・縮小も簡単

「マチイロ」の内容

  • トップ・・・最新号と全国のホームページRSSから取得された新着情報を表示。
  • バックナンバー・・・設定した居住地の広報紙をリストから閲覧できます。
  • スクラップブック・・・スクラップ機能で切り抜いた画像を確認できます。
  • 画面メモ・・・気になった記事を画面ごと保存できます。
  • シェア・・・閲覧中のページURLをSNSやメールでシェアできます。
  • その他・・・「個人設定の変更」「利用規約」「i広報紙について」「ご意見・ご要望」

広告等について

このアプリケーションは、広告代理店・株式会社ホープ(福岡市中央区)が作成したものです。アプリ閲覧中に広告が表示されますが、その内容に那覇市は一切責任を負いません。利用規約・プライバシーポリシー等については、株式会社ホープのホームページ(外部サイト)をご覧ください。

マイ広報紙とは

マイ広報紙は、自治体等が発行する広報誌を記事ごとにデータ化し、インターネットで無料配信するサービスです。パソコンやスマホで誰でもいつでも利用できます。一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが自治体広報紙のオープンデータ利活用実証研究として開発し、各自治体(広報課)の協力を得て推進しています。
 
※利用料や自治体における費用負担はありません。
※掲載している広報紙はこちらです。
 
<オープンデータとは>
企業や自治体などが持つデータを誰もが二次利用できる形で公開したデータのことです。
 
<実証研究の目的>
広報紙オープンデータの利活用モデルのあり方やその効果の検証

  • 自治体における広報オープンデータの可能性検証
  • 利用者にとって効果的な広報紙のインターネット配信について
  • 継続的なサービスにするための事業モデルとは

 
<広報紙データの取り扱いについて>
発行された広報紙の記事データのうち、表データやイラスト、グラフ等を除く記事について、データベース化して配信しています。画像データは自治体側で指定したもののみ使用します。
また原則、「オープンデータになっているもの」、又は「二次利用許諾されたもの(他の著作権に該当するものを除く)」のみを使用しています。
 
<事業運営について>
マイ広報紙事業は、団体・企業による協賛金と、連携サービスを提供する団体・企業からの利用負担金で運営しています。また、アプリケーションは株式会社パプリカが提供しています。
 
マイ広報紙(外部サイト)

お問い合わせ

総務部 秘書広報課 広報G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎5階

電話:098-862-9942

ファクス:098-869-8190