那覇市立森の家みんみん

更新日:2021年5月10日

「那覇市立森の家みんみん」の利用時間等の制限について(5月10日更新)

新型コロナウイルス感染症の感染者が急増していることから、令和3年4月9日、政府において「まん延防止等重点措置」の適用対象として沖縄県が指定されました。
沖縄県では、これを受けて4月10日付「まん延防止等重点措置」指定に伴う対処方針が示されておりますが、適用期間が5月31日(月曜)まで延長されました。
「那覇市立森の家みんみん」では、沖縄県の対処方針の適用期間延長に基づき、令和3年4月13日(火曜)から5月31日(月曜)までの間、下記のとおり対応を継続いたします。
・ちゅう房及び宿泊の利用は不可
・日帰りでの施設利用(ちゅう房利用を除く)は20時まで
※ただし、利用方法や人数等につきましては一部制限がありますので、詳細は「那覇市立森の家みんみん(098-882-3195)」にお問い合わせください。

那覇市立森の家みんみん

那覇市立森の家みんみんは、末吉公園の自然を活かし、子どもたちが自然体験・社会体験をするための施設です。
指定管理者制度により「沖縄自然環境ファンクラブ」が管理・運営を行っております。

名前の由来

「みんみん」は、真地小学校1年生(平成14年度)金城光郁君がつけた名前です。
セミの鳴き声。みんなが集まって、元気よく遊べるところにしてほしいという願いが込められています。

基本構想

「森の家みんみん」では、次の4つの理念をポイントにおいて、施設を運営します。

  • 自然との共生
    自然に親しみ、自然に学び、自然を大切にする豊かな心を育てる。
  • 社会性の育成
    集団生活を通じて、きまりや規律を守り、協力することを学ぶとともに、奉仕の心を育てる。
  • 自主性と創造性
    自然環境との積極的なふれあいで、たくましい心と体をきたえ、自主性と創造性を養う。
  • 文化の伝承、創造
    地域及び子ども自身の文化の伝承と創造に役立てる。

利用案内

利用できる人

子どものグループ(引率者が必要)又は青少年育成関係者で8人以上の団体

利用できない日

火曜日、12月29日~1月3日

利用時間

午前9時~午後9時まで(宿泊する場合は調整します)

利用の手続き

受付期間:利用する6ヶ月前から(市外の方は5ヶ月前から)7日前まで。但し、公的機関等については相談に応じます
受付場所:森の家みんみんの事務所(※電話での受付はできません)
受付時間:午前9時~午後6時(正午~午後1時の間は除く)

申請方法

那覇市立森の家みんみんのホームページ(外部サイト)に、申請方法等が掲載されています

施設概要

【施設規模】
敷地面積:1,650平方メートル(一部公園と共用)
延べ床面積:1,020平方メートル

施設名定員
大研修室兼食堂80人程度
小研修室40人程度
厨房16人程度
宿泊室52人程度(13人×4部屋)
リーダー室8人程度(4人×2部屋)
ピロティー
屋外広場(屋上)
事務室

1階平面図、2階平面図及び施設写真は、森の家みんみん平面図及び施設写真(PDF:791KB)

使用料

日帰り利用(1時間あたりの団体使用料)
施設名市内の団体市外の団体
大研修室・厨房500円750円
小研修室300円450円
宿泊室(16畳和室)200円300円
リーダー室(8畳和室)100円150円

※6時間を超えると追加料金はありません。6時間以上の場合は6時間の料金と同じです。
※市内の団体とは、主な構成員が那覇市内に在住または在学、在園している人の団体をいいます。

宿泊利用(一泊1人あたりの使用料)
区分市内市外
中学生以下200円300円
一般(高校生以上)400円600円

※シーツクリーニング代として、1人あたり350円のリネン料金が別途かかります。
なお、研修室、厨房などの使用料金は含まれています。
※市内とは、那覇市内に在住又は在学、在園している人のことです。

森の家みんみんの宿泊室とリーダー室に冷房機が設置されました。
冷房機の利用に係る料金は、1台につき1時間当たり100円となります。

問い合わせ

那覇市森の家みんみん
〒902-0821
沖縄県那覇市首里儀保町4丁目79番地8
TEL:098-882-3195
森の家みんみん案内図(画像:4KB)

関連資料

那覇市立森の家みんみん条例(PDF:208KB)
那覇市立森の家みんみん条例施行規則(PDF:44KB)