【3月17日】首里平良町1丁目で発見された不発弾の安全化処理について

更新日:2021年3月17日

首里平良町1丁目で発見された不発弾の安全化処理について

はいたい ぐすーよー ちゅーうがなびら。
本日は、令和3年2月4日に首里平良町1丁目で発見された、米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理について、市民・県民並びに観光客の皆様にお知らせいたします。

3月28日(日曜)午前8時30分に、首里東高等学校に現地対策本部を設置し、陸上自衛隊第101(ひゃくいち)不発弾処理隊により、信管離脱による現地での安全化処理を行います。

通常は、避難対象区域を最小限に抑えるため、強固な処理壕を構築し処理しておりますが、今回は、発見場所が狭隘(きょうあい)なため、強固な処理壕の構築が難しいことから、避難対象区域を半径400mへ拡大し作業を行うこととなりました。避難対象世帯は約2,300世帯、約5,000人、避難対象事業所は約160事業所となっております。

避難開始時刻は午前8時40分、交通規制の開始時刻は午前9時50分、避難場所は大名小学校体育館、森の家みんみん2階宿泊施設、城北中学校体育館、大名市営住宅自治会集会所となっております。順調に処理作業が進んだ場合、正午までには終了する予定となります。

公共交通機関への影響については、儀保交差点から石嶺方面へ続く県道241号線及び平良交差点から大名方面へ続く県道153号線の交通規制に伴い、8路線のバスが運行経路を一部変更いたします。

交通規制などにより避難対象区域以外の皆様にも影響が及びます。どうぞ市や関係機関が発表する情報にご留意いただくとともに、本市ホームページからも、避難対象区域や処理日程、交通規制箇所等が確認できますので、ご覧ください。

また、今回、住民避難開始や交通規制の開始、処理終了に伴う交通規制解除等の情報を、アプリ「那覇Cippo(シッポ)」を活用してプッシュ通知する実証実験も行いますので、ぜひご活用ください。

市民・県民並びに観光客の皆様には、長時間にわたり、ご心配、ご不便をおかけいたします。危険な不発弾を安全に処理するため必要な措置ですので、どうか避難誘導や交通規制等へのご理解とご協力を賜りますよう、ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。いっぺー にふぇーでーびる。

配布資料

お問い合わせ

総務部 防災危機管理課 防災G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎5階

電話:098-861-1102

ファクス:098-862-0614