3・4・5回目接種(12歳以上)について【令和4年秋開始接種(オミクロン株対応ワクチン等接種)】

更新日:2023年1月31日

「令和4年秋開始接種」は1人1回に限られる追加接種です

令和4年秋開始接種に関するお知らせの画像

いずれかのワクチンで1回追加接種しましょう(PDF:798KB)

接種対象

以下の(1)(2)を全て満たす方となります。
(1) 12歳以上で初回接種(1・2回目)が完了した人
(2) 前回の接種から、下記の一定期間が経過した人
  ファイザー社製(オミクロン対応)ワクチンを希望の場合・・・3か月以上(12歳以上)
  モデルナ社製(オミクロン対応)ワクチンを希望の場合・・・3か月以上(12歳以上)※令和4年12月14日改正
  武田社製ワクチン【ノババックス】(従来ワクチン)を希望の場合・・・6か月以上(18歳以上)
⇒前回接種から3か月後を目途に順次、接種券を郵送します。(接種券の発行申請は必要ありません)。
現時点では、令和4年秋開始接種は「1人1回限り」となります。

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

国の省令改正により、武田社製ワクチン(ノババックス)について、令和4年11月8日から3~5回目接種が「令和4年秋開始接種」として位置付けられるようになりました。
「令和4年秋開始接種」は、現時点において、初回接種(1・2回目)が完了した方に対し「1人1回の実施」を基本としています。
そのため、令和4年11月8日以降に、武田社製ワクチン(ノババックス)の3回目以降の接種をした場合、オミクロン株対応ワクチンを含め、更なる追加接種を受けることはできなくなりますので、ご注意ください。

オミクロン株対応ワクチンの有効性

  • 新たなワクチンはオミクロン株と従来株由来の成分の2種類を含む2価ワクチンで、従来ワクチンを上回る重症化予防効果や、短い期間である可能性はあるものの、オミクロン株に対する感染、発症予防効果が期待されるとしています。
  • オミクロン株と従来株の両方の成分を含み、2種類の異なる抗原が提示されることから、これらにより得られる多様な免疫反応は、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いと期待されるとしています。

【参照】オミクロン株に対応したコロナワクチンの接種体制確保について(その4)【令和4年9月14日付け厚生労働省健康局予防接種担当参事官室事務連絡】

接種可能時期

初回接種を完了し、最終の接種から一定期間以上経過

最後に接種した日 接種可能時期

令和4年7月31日

ファイザー・モデルナ(オミクロン株対応)令和4年10月31日
武田(ノババックス)令和5年1月31日
令和4年8月31日ファイザー・モデルナ(オミクロン株対応)令和4年12月1日
武田(ノババックス)令和5年3月1日
令和4年9月30日ファイザー・モデルナ(オミクロン株対応)令和4年12月30日
武田(ノババックス)令和5年3月30日

※一定期間後の月に同じ日がない場合は、その翌月1日以降に接種可能となります。

接種会場

個別接種

予約可能な病院一覧

集団接種

令和5年1月31日(火曜)をもって終了しました。

接種が受けられる期間

令和4年9月20日から令和5年3月31日までの予定です。

オミクロン株対応ワクチンの種類

ファイザー社製
種類:mRNAワクチン
対象年齢:12歳以上
接種間隔:最終の接種(2~4回目)完了から3か月以上経過した後に接種
ファイザー社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省)(外部サイト)

モデルナ社製
種類:mRNAワクチン
対象年齢:12歳以上 ※令和4年12月14日改正
接種間隔:最終の接種(2~4回目)完了から3か月以上経過した後に接種
モデルナ社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省)(外部サイト)

武田社製【ノババックス】
種類:組換えタンパクワクチン
対象年齢:18歳以上
接種間隔:最終の接種(2~4回目)完了から6カ月以上経過した後に接種
武田社(ノババックス)の新型コロナワクチンについて(厚生労働省)(外部サイト)

接種の流れ

  • 対象者に接種券が届きます。
  • ワクチンの種類・接種場所・日時を検討し、接種可能時期以降の日付で予約します。
  • 接種当日までに予診票を記入してください。
  • 予約した会場で接種を受けます。

接種の予約

接種を受けるには、予約が必要です。接種券が届きましたら、ワクチンの種類・接種場所・日時をご検討し予約してください。
各医療機関への予約やお問い合わせは接種券が届いてからお願いします。(予約の際には接種券に記載されている接種券番号が必要になります。)
予約に関する情報はこちらのページへ

接種の費用

接種にかかる費用は無料です。
ワクチン接種に便乗した詐欺行為が発生しています。行政機関がワクチン接種に関して現金を要求することはありません。

接種の同意と差別の禁止

ワクチンを受けるにはご本人の同意が必要です。
ワクチン接種は強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方を理解したうえで、ご本人の同意がある場合に限り、接種が可能です。周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようお願いします。

お問い合わせ

健康部 健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室

〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1丁目3番21号

電話:098-917-5672(コールセンター)※この電話番号では予約受付できません。かけ間違いにご注意ください。

ファクス:098-853-7965