保健所等からの連絡について

更新日:2022年8月10日

陽性者の方(患者様)が多くなると、検査結果が陽性という連絡が来ても、保健所から皆様への連絡が遅れるだけでなく、医療機関からの皆様への連絡や、保健所への届出が遅くなる場合があります。
保健所へ電話相談していただく前に以下の内容をお読みください。
※※保健所からの連絡が来ないことや保健所への連絡がとれないことを理由に、保健所へ直接来所されることは慎んでいただくようお願い申し上げます。

◆陽性判明後の流れ
検査で陽性判明後、医療機関や検査機関のコールセンター(以下、医療機関等)が患者さんへ連絡を行い、新型コロナウイルス感染症の診断します。その連絡の際には、患者様は現在いる場所(所在地)や症状が始まった日(発病年月日)を必ず医療機関等へお伝えください。
医療機関等は、HER-SYS(ハーシス)というシステムを利用して、患者情報を記載した発生届を最寄りの保健所に届出します。HER-SYSの概要については厚生労働省HER-SYSについて(外部サイト)をご覧ください。
発生届の内容に基づき、保健所や沖縄県新型コロナ対策本部は対応します。
患者様の所在地が那覇市内の場合は那覇市保健所が、所在地が那覇市外の場合はその地を管轄する保健所が担当します。
また、症状の有無や発病年月日について、発生届の内容が患者様が思われているものと異なりますと、患者様が思われている療養期間の終了日が変わることがありえます。
診断の際の所在地と症状の有無、発病年月日の患者様からの申告は重要です。

保健所や沖縄県新型コロナ対策本部から患者様への連絡は、ショートメッセージ(SMS)や電話です。
那覇市保健所では75歳以上の方等に電話を行います。
那覇市保健所では、毎日15時に24時間以内に届出された患者情報をまとめて対応しています。よって那覇市保健所から患者様への連絡は、皆様が医療機関から診断された日の翌日の夕方、もしくは翌々日になります。

◆保健所等からの連絡が遅れる原因と対応
保健所等からの連絡が遅くなる原因は、次の3つの原因が考えられます。
1)医療機関から患者様へ連絡が取れない
 医療機関等からの着信があったかを確認し、着信があれば折り返しの電話を行い、着信がない場合は検査機関へ相談し、連絡先に誤りがないことや医療機関からの連絡がいつぐらいになるかを確認してください。
2)ショートメッセージ(SMS)を受信しない設定にしている
 SMSを受信できる設定へ変更をお願いします。もし設定変更できない場合はSMSが受けられないことを保健所へ電話して下さい。
3)保健所が高齢者等への重症化リスクの高い方への連絡を優先している。
 那覇市保健所では、患者様への初期連絡として発生届に記載してある携帯電話の番号宛てにSMSを送信します。
発生届の記載で、固定電話の番号や、高齢者、基礎疾患の記載がある重症化リスクが高い方、中等症以上、入院中の方等へは電話します。
無症状や軽症で重症化リスクが低い方への連絡はSMSのみとなります。SMSでお伝えする内容は下記の通りです。
保健所のページ「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」等を見ていただくことで、感染症の対応について理解いただき、療養等の対応をしていただくことになります。

◆那覇市保健所や沖縄県等からのショートメッセージ(SMS)について
次の6種類の送信があることをお知らせします。
1.厚生労働省からのCOCOAの案内
2.那覇市保健所からマイハーシスのURLとID、説明リーフレットの紹介
3.上の2が送られてない場合は那覇市保健所からwebページの閲覧のお願いとハーシスID
4.発生届が出された翌朝に、沖縄県から5つのメッセージ
(ア)自宅療養と健康観察の方法 
(イ)妊娠や透析中の方への電子申請等
(ウ)パルスオキシメーター 
(エ)配食サービス
(オ)療養期間の終了
5.発生届が出された翌日午後に、那覇市保健所からwebページ閲覧のお願いとハーシスID

1と2は医療機関が発生届を出されると自動送信されるので、夜間の発信になることがあります。
2は医療機関が発信の設定をしていない場合は送信されません。
4は大切なお知らせになりますので、ご確認をお願いします。

診断された方は次のページを必ずご覧ください。
那覇市保健所 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

◆沖縄県の新型コロナ感染症のwebページ
 北部保健所(外部サイト) 
 中部保健所(外部サイト) 
 南部保健所(外部サイト) 
 宮古保健所(外部サイト) 
 八重山保健所(外部サイト)
 沖縄県「陽性と診断された方へ」(外部サイト)