新型コロナウイルス感染症の影響により納付が困難な方に対する保険税の猶予制度について

更新日:2020年5月26日

徴収の猶予の特例制度

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に基づき、新たに創設された地方税の徴収猶予の特例制度について、利用申請の受付を開始しました。
新型コロナウイルス感染症の影響により相当の収入減があり、国保税の納付が困難な状況になった場合は、申請していただくことにより、国保税の各納期限から1年間徴収の猶予を受けることができます。通常の徴収の猶予申請とは異なり、担保の提供は不要で、猶予された期間は延滞金がかかりません。
※納付義務が免除されるものではありません。

特例制度の対象となる方

次の(1)(2)いずれにも該当する納税義務者
(1)新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の1ヶ月以上の任意の期間において、事業等に係る収入が前年同期に比べて20%以上減少していること
(2)一時に納税し、又は納入を行うことが困難であること。

特例対象となる保険税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する国保税(H31年度第9期~R2年度第8期)が対象となります。
これらのうち、既に納期限が過ぎている未納の国保税についても、申請期限(令和2年6月30日)までに申請することにより、さかのぼって特例を利用することができます。

申請期限

令和2年6月30日(改正地方税法施行から2か月後)、又は特例猶予を受けようとする国保税の納期限

申請方法

申請書に必要事項を記入し、収入や現預金の状況が分かる資料を添付して那覇市国民健康保険課へ郵送してください。
特例徴収猶予申請書(excel)(エクセル:85KB)
特例徴収猶予申請書(PDF)(PDF:1,032KB)
財産収支状況報告書(excel)(エクセル:34KB)
財産収支状況報告書(PDF)(PDF:156KB)

特例徴取猶予申請書記入例(PDF)(PDF:1,349KB)
財産収支状況報告書記入例(PDF)(PDF:342KB)
※市税の徴収猶予申請書類として納税課へ提出したものの写しで代用できます。

その他

・特例制度の利用申請は、その利用を希望される国保税の納期限が到来する前に行っていただく必要があります。詳細は那覇市国民健康保険課へお問い合わせください。
・審査にあたり、担当職員が電話で内容確認を行う場合がありますので、ご協力をお願いします。

お問い合わせ

健康部 国民健康保険課 保険税第1G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎1階

電話:098-862-4262

ファクス:098-862-4265