雨水・井戸水利用施設設置の補助

更新日:2019年6月18日

雨水・井戸利用施設設置の補助・・・雨水・井戸水を利用しよう!

雨水や井戸水を利用すると、色々なメリット(効果)があります。雨水・井戸水利用施設の導入を一度考えてみませんか?

メリット

(1)上水道や下水道の使用量が減ります。
(2)都市型洪水の軽減(全面をアスファルトやコンクリートに覆われた都市は、大雨などの際に、雨水が側溝や河川に一斉に流れ込むため、都市型の洪水がおきる危険性があります)
(3)大規模災害への備え(地震などで、水道管が損壊するなどした際には、雨水や井戸水が、トイレなどの雑排水に役立ちます)
(4)干ばつ・断水への備え(ここ20数年、断水はありませんが、沖縄県は、台風が来ず・雨が降らない状況などが長く続けば、いつでも断水になる状況となっています。また、観光客も増え続けており、水の使用は年々増えていく状況にあります)
(5)本島北部の自然を守る(沖縄本島の水資源の殆どは、本島北部のダムで賄われています。雨水・井戸水を使うことは、北部での水資源開発による自然破壊を防ぎ、そこに住む動植物を守ります)
(6)地盤沈下や都市部の気温上昇(ヒートアイランド現象)を防ぐ(雨水浸透施設は、雨水を地下に浸透させる施設で、地下水を増やしたり、地盤沈下防ぐなどの効果が見込まれます)

デメリット

(1)施設の導入費用が掛かる
(2)設置する場所が必要

那覇市では、都市型洪水の軽減や大災害の備えなどを目的として、那覇市内に雨水・井戸水を利用する施設を設置等するものに対し、設置費等の2分の1(上限4万円)を補助します。なお、設備を設置等する前の申請が必要で、予算には限りがあるため、問い合わせの上、ご利用をお願いいたします。


◎申請できるもの(補助を利用できるもの)

  • 那覇市民(施設を設置後、那覇市民になることが明らかなものを含む)又は、那覇市で事業所等を営んでいるもの。
  • 上記のもので、本市内にある住宅や事業所等に雨水施設等の設置や修繕等を予定(補助申請前に設置等がなされていないこと)しており、かつ市税や事業所税を完納しているもの

◎補助の対象となる施設など

  • 雨水タンク(浸透タンク本体)やそれと繋ぐ配管やポンプなどと機材等の取り付け費用
  • 井戸やそれと繋ぐ配管やポンプなどと機材等の取り付け費用
  • 雨水タンク・浸透タンク・井戸に係る施設や配管・ポンプの修繕費用
  • 長期に渡り使用しなかったため、汚泥などが溜まり、井戸を使用できるように、汚泥の清掃などを行う費用

◎補助対象額

  • 雨水・井戸水利用施設の設置や修繕に係る費用の2分の1で、最大4万円までとなります。なお、補助の2分の1の金額は、100円未満を切り捨てて、交付します。

◎手続き等

  • 雨水・井戸水利用施設の設置や修繕を実施する前に、お問い合わせください。
  • 申請前に雨水・井戸水利用施設の設置や修繕を実施すると、補助の対象にはなりません。また、申請後であっても、市の決定通知を受理前に設置や修繕を実施すると、補助の対象にならないか、その判明後に、補助の取り消しとなります。

○申請に必要な書類
(1)案内図(調査する際に必要な、ご自宅がどちらにあるかを示した略図)
(2)平面図(ご自宅のどの箇所に、どのような施設をどういった形で設置するか、または修繕するかを図にて、お示し下さい)
(3)見積書(2者以上の業者からから徴収してください。見積を比較するために、見積もりの品目や項目を同じものにするようにして下さい)
(4)雨水施設設置予定場所の現況写真(申請前の雨水施設設置・修繕等予定場所の写真)を2枚(同じものでなく、周囲等の状況も分かるように別々のものが必要です)
(5)住所が確認できる書類等(申請者が那覇市にお住まいであるか、又、施設の設置等の場所(住所・地番)を確認できる書類)
(6)雨水施設等の設置又は修繕等を実施する当該建築物等が申請者の所有でない場合は所有者の同意書等(借家などの場合は、付属施設の設置に貸主の承諾が必要な場合がありますので、その場合は承諾などを確認できる書類)
(7)市税(市民税、固定資産税、軽自動車税)や事業所税の完納証明(市内の事業所などに雨水などの利用施設を設置するか、事業所内の雨水などの利用施設の修繕を実施するもののみが必要)・・・市民税課で証明を取ることができます。
(8)国民健康保険税の完納証明書・・・国民健康保険課で証明を取ることができます。
(9)その他、市長が必要と認める書類(申請内容を確認の上、必要な場合に提出をお願いいたします)

◎注意事項
申請後は、下記参考書類の項に記載する、「雨水施設等設置費補助金申請から交付まで(手続きの流れ)」に沿った形で、書類のやり取りや設置の報告などが必要になってきます。申請書の様式も下記にありますので、申請を希望される方は、参考書類の項目のご確認をお願いします。
申請後、補助決定通知を受けて、雨水・井戸水利用施設の設置や修繕を実施しても、その実績報告や請求が申請年度の2月末までに、担当課への提出がなければ、補助の決定は取り消しとなります。
また、補助の交付を受けた雨水施設の維持管理が不適正である場合は、補助実施の数年後に、補助金の返還を求める場合があります。

◎その他
トイレに、雨水や井戸水を下水道へ排水する場合は、下水道料金の支払いの問題が生じますので、上下水道局(お客様センター098-941-7804)にご相談ください。

◎参考書類

環境保全課トップページへもどる

お問い合わせ

環境部 環境保全課 水質保全G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎7階

電話:098-951-3229

ファクス:098-951-3230