那覇市動物の愛護及び管理に関する条例の制定について

更新日:2021年4月19日

那覇市動物の愛護及び管理に関する条例の制定について

本市では、「人と動物の調和がとれた共生する地域社会の実現」に向けて、基本となる理念並びに動物の愛護及び管理に関し必要な事項を定めた「那覇市動物の愛護及び管理に関する条例」を令和3年6月1日より施行します。

条例の概要

基本となる理念を定めます

"動物の命を尊ぶ"という共通認識を涵養し、衛生的な生活環境が確保されたまちづくりを実践することを基本理念とします。

市、市民、飼い主等の責務を定めます

市の責務

動物の愛護及び管理に関する施策の策定、実施や普及啓発を行うことを定めます。

市民の責務

動物の愛護及び管理に関する理解の醸成や市の実施する施策に協力することを定めます。

飼い主等の責務

飼い主の責務として、動物の習性等を理解すること、適正飼養、終生飼養に努めること、並びに繁殖防止や所有者明示に努めること等を定めます。また、これから飼い主になろうとする者の責務として、動物の習性等を理解し、終生飼養を考慮して動物を選ぶこと等を定めます。

飼い主の遵守事項を定めます

適正飼養の観点から、飼い主の遵守事項として、適正な給餌給水、疾病の予防や適切な措置、並びに動物の飼育により他人に迷惑を及ぼさないこと等を定めます。

犬の飼い主の遵守事項

犬の飼い主に対しては、飼い主の遵守事項のほか、犬を他人に接触しないよう繋いでおく等(係留)すること、種類等に応じ適正に運動やしつけを行うこと等を定めます。

猫の飼養等について

猫の飼い主には飼い主の遵守事項のほか、屋内飼養に努めること等を定めます。また、飼い主のいない猫に給餌を行うものに対し、猫の繁殖を防止し、地域の生活環境を損なわないようにし、地域住民の理解が得られるよう努めることを定めます。

犬猫の収容等について定めます

係留義務に違反し、繋がれていない犬については収容の対象となります。また、飼い主の判明しない負傷した犬猫等の通報があった場合は、状況に応じて収容を行います。
なお、飼い主からの犬猫の引取り及び飼い主の判明しない犬猫の引取りについては、適正飼養、終生飼養、並びに命あるものである動物との共生の観点から、むやみな引取りは行わず、慎重に判断します。
収容した動物については、飼い主への返還や、適性を判断したうえで譲渡等に努めていきます。

事故発生時の措置について定めます

飼い犬が人を咬んだり、危害を加えた場合、犬の飼い主は適切な応急措置を行う等とともに、事故について市に届出を行う必要があります。
また、市は係留義務規定に違反している犬の飼い主や、人の生命等を侵害した、又は侵害するおそれがある犬の飼い主に対し、必要な措置を命じることができます。

条例に違反した場合の罰則について定めます

※従来の那覇市飼い犬条例から罰則を見直し、強化しています。

  • 市による措置命令に従わない場合、10万円以下の罰金が適用となります。
  • 以下の場合には、5万円以下の罰金、又は科料が適用となります。

ア:犬による事故の発生を届け出なかった場合、又は虚偽の届出をした場合
イ:市による立入調査を正当な理由なく拒む等した場合、又は質問に対し答えず、若しくは虚偽の回答を行った場合

参考資料

那覇市動物の愛護及び管理に関する条例(全文)(PDF:146KB)

関連情報

環境衛生課ページトップへ

お問い合わせ

環境部 環境衛生課

〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町字新川641(エコマール那覇 プラザ棟4階)

電話:098-951-1530

ファクス:098-888-1076