犬・猫等の飼い方について

更新日:2019年3月18日

犬・猫等の飼い方について

 動物たちは、人の生活に潤いをもたらすかけがえのない存在です。しかし、その陰で、ペットに関する苦情や住民間のトラブルが増えています。また、安易な理由で飼育を放棄する事例もあります。飼い主には、命ある動物の一生を面倒見る、強い自覚と責任が求められています。もう一度、動物に愛情を持って接すること、マナーを守って飼育することを考えてみましょう。
ペットを飼おうと思っている皆さんは、もう一度ペットを飼えるかどうか考えてみてください。

  • 家族全員の同意はありますか?
  • 家族に動物アレルギーの方はいませんか?
  • ペットを飼えるお住まいですか?
    (市営住宅・公営住宅は、ペットの飼育は禁止です。他の集合住宅にお住まいの方は、管理会社等へ確認しましょう。)
  • ペットの世話を毎日出来ますか?
  • ペットの習性を知っていますか?
  • ペットの病気について知っていますか?
  • ペットが病気やケガをした場合、動物病院へ連れて行くことが出来ますか?
  • ペットが他人に迷惑がかからないように「しつけ」が出来ますか?
  • ペットを飼うのにどのくらいお金がかかるか知っていますか?
  • ペットと遊ぶ時間がありますか?
  • 寿命を全うするまで、ペットの世話をすることが出来ますか?
  1. 放し飼いはやめましょう
    犬を放すと周囲の家や畑・墓地・公園を荒したり、人を咬んだりして多くの人に迷惑をかけます。
    また、犬が交通事故にあったり、病気にかかることがあります。
    散歩は、引き綱(リード)をつないでしましょう。
    公園で放すのもやめましょう。ドックランなどの施設を利用してください。
  2. 不妊・去勢手術
    生まれた子犬の新しい飼い主は、なかなか見つからないものです。不幸な犬をふやさないため、犬には不妊・去勢の手術を受けさせましょう。
  3. 犬の登録と狂犬病予防注射をうけましょう
    生後91日以上の犬は、生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射を必ず受けさせましょう。犬の鑑札と狂犬病予防注射済票は必ず飼い犬につけましょう。
    なお、登録した犬が亡くなり、所有者等が変更したときは、那覇市環境衛生課まで届けましょう。
  4. トイレのしつけ
    犬の糞尿は臭く、近所の方が非常に迷惑します。また、外での散歩中に排泄したら飼い主は袋を用意して片付けましょう。また犬のトイレを家の中に用意して、そこでするよう、しつけましょう。
  5. 所有者明示の実施
    首輪等を装着し、所有者の氏名、連絡先等を明記した名札をつけましょう。
    必要に応じて、マイクロチップを併用することも有効です。
    迷子にさせない、なってもすぐ帰れるように、飼い主さんが気をつけてあげましょう。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射について確認する

  1. 無責任に餌をあげるのはやめましょう
    飼い主のいない猫を管理する場合には、不妊去勢手術を施して、周辺地域住民の理解の下に行いましょう。
    周辺の生活環境及び引取り数の削減に配慮した管理に努めましょう。
  2. 不妊・去勢手術
    責任を持って飼育できる頭数を飼育しましょう。不幸な猫をふやさないため、猫には不妊・去勢の手術を受けさせましょう。
  3. 猫は屋内で飼いましょう
    都市化とともに猫による周辺住民とのトラブルも絶えません。猫は屋内飼養が可能な動物です。屋内で飼うようにしましょう。
  4. トイレのしつけ
    猫の糞尿は臭く、近所の方が非常に迷惑します。猫のトイレを家の中に用意して、そこでするよう、しつけましょう。
  5. 所有者明示の実施
    首輪等を装着し、所有者の氏名、連絡先等を明記した名札をつけましょう。
    必要に応じて、マイクロチップを併用することも有効です。
    迷子にさせない、なってもすぐ帰れるように、飼い主さんが気をつけてあげましょう。
  • 病気やケガの予防を心がけ、必要により獣医師の診察を受けましょう。
  • 飼っている犬・猫等の動物は、臭覚が優れています。受動喫煙に注意しましょう。
  • 動物(ペット)の死体は飼い主、または財産管理者が処理することになっています。
  • ペット葬儀社(有料)などへ依頼することが、一般的になっていますが、他に処理する場合は、一般廃棄物となりますので、クリーン推進課へお問い合わせください。
    ・クリーン推進課
    【月曜から金曜】 電話:098-889-3567、 【土曜・日曜】 電話:098--867-0111
  • 飼い犬・飼い猫を飼育できない事情が生じて、引取りを依頼する場合は、まずお電話で那覇市環境衛生課にご相談ください。

 「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、平成25年9月1日から施行されました。
 今回の改正では、「飼い主がその所有する動物が命を終えるまで適切に飼養する」(終生飼養する)ことの努力義務が明記され、この終生飼養の原則に照らして、引取りを求める相当の理由がないと認められる下記の場合には、引取りを断ることができるようになりました。

  1. 犬猫販売業者から引取りを求められた場合
  2. 引取りを繰り返し求められた場合
  3. 子犬又は子猫の引取りを求められた場合であって、当該引取りを求めるものが、都道府県等からの繁殖を制限するための措置に関する指示に従っていない場合
  4. 犬又は猫の老齢又は疾病を理由とした引取り
  5. 引取りを求める犬又は猫の飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求められた場合
  6. あらかじめ引取りを求める犬又は猫の譲渡先を見つけるための取り組みを行っていない場合

 これらに該当する理由の場合は、犬猫の引取りをお断りする場合がありますので、ご了承ください。
 なお、事前のご連絡無しに窓口へお越しの場合も、引取りをお断りする場合がございます。
事前に電話連絡の上、日程を調整してください。
那覇市環境衛生課 電話:098-951-1530








犬の場合
(1頭あたり)
30kg以上3,500円
30kg未満2,500円
91日齢未満の子犬500円
猫の場合
(1匹あたり)
91日齢以上の猫2,500円
91日齢未満の子猫500円

※犬の登録をしていない方は、犬の登録料金が必要になります。
飼い犬の登録と狂犬病予防注射について確認する

関連情報

環境衛生課ページトップへ

お問い合わせ

環境部 環境衛生課

〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町字新川641(エコマール那覇 プラザ棟4階)

電話:098-951-1530

ファクス:098-888-1076