児童生徒の支援の充実をめざして「支援記録簿」を導入します

更新日:2019年3月18日

児童生徒の支援の充実を目指した「支援記録簿」の導入

 那覇市教育委員会では、適切できめ細かな教育活動を実施するために、平成22年10月より支援記録簿の活用を開始しました。

支援記録簿とは

  • 教師が一人一人の児童・生徒に目配り気配りを行い、支援を要する児童・生徒について共通理解を図り、全校体制で取り組むことを目的に、継続した支援の充実が図れるような資料作成を行います。

支援記録簿の特徴

  • 支援を要する児童・生徒に対し、日常的な記録を行うことで支援の方法等について共通理解を図ることができます。
  • 支援を要する児童・生徒に対し、全校体制による組織的な支援を行うことができます。
  • 支援を要する児童・生徒に対し、学年間の引き継ぎを行い継続的で一貫性のある支援を行うことができます。
  • 支援を要する児童・生徒の保護者へ説明し、共通理解を図ることができます。

関連資料

お問い合わせ

学校教育部 教育相談課

〒902-0064 沖縄県那覇市寄宮2-32-1(真和志支所4階)

電話:098-832-7868

ファクス:098-832-7869