戦中戦後の混乱期における義務教育未修了者支援事業について

更新日:2019年3月18日

戦中戦後の混乱期における義務教育未修了者支援事業について

戦争による混乱のため県内の中学校を卒業できなかった方に、学習の機会を提供する制度ができました。

戦中戦後の混乱期における義務教育未修了者の卒業認定について

  • 市内には、戦中戦後の混乱期に中学校までの義務教育を終えることができなかった義務教育未修了者の方が多くいらっしゃいます。

 概ね昭和7年から昭和16年生まれで、義務教育を終了していない方が、中学校の学習の学び直しを希望し、那覇市立中学校に籍を置き、民間施設等で授業を受け、校長が教育課程を修了したと認めた場合は、「卒業に相当する証書」を発行します。
 この「卒業に相当する証書」により、沖縄県立泊高等学校等への受験も可能となります。

お問い合わせ

学校教育部 学務課 学事G

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎11階

電話:098-917-3505

ファクス:098-917-3380