那覇市商店街活動支援金について

更新日:2021年8月12日

那覇市商店街活動支援金について

事業目的

長期化する新型コロナウイルス感染症の影響を受け実施した、会費の減免等による商店街団体、通り会等の収入の減少に対して、今後の団体活動継続の支援として那覇市商店街活動支援金を給付します。
※この支援金は市内商店街団体への給付金です。中小・小規模事業者や個人事業者向けの給付金ではありません。

対象団体

給付の対象となる商店街団体は、別表1(PDF:124KB)に掲げる団体のうち、以下(1)から(7)の要件をすべて備えている必要があります。なお別表1に記載のない団体については、活動状況等組織の実態を確認した上で判断します。
(1)商店街エリアに活動の拠点があること。
(2)近接する10店舗以上で組織される商店街であること。
(3)商店街の活性化に資する活動実績が、申請日より以前において2年以上あり、今後もその継続が見込まれること。
(4)商店街の規約を有し、代表者及び所在地が明らかであること。
(5)会計経理が明確であること。
(6)会員からの会費を徴して運営されてきたこと。
(7)新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことにより会費の減免等を行い、会費収入の減少があること。

ただし次の場合は、対象になりません。

・公序良俗に反する事業を営む店舗を含む団体
・那覇市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団または暴力団員及びそれらの利益となる活動を行う団体または個人との関係がある者を含む団体
・親睦会やレクリエーション、通りの清掃などの活動を中心に行う団体
・会費を徴収していない団体
・その他市長が適当でないと認めるもの

給付額 (申請回数は、1団体につき1回限り)

令和3年6月末時点における、商店街の会員店舗数に応じて支援金給付します、給付額は、下記の表のとおりです。

給付額表
加盟会員店舗数 給付額
10以上29以下 100,000円
30以上49以下 200,000円
50以上69以下 300,000円
70以上89以下 400,000円
90以上 500,000円

会費納入義務がない店舗は会員店舗数に含めることができません。
店舗を持たない個人の会員は会員店舗数に含めません。

申請期間

令和3年8月11日(水曜)から令和3年11月30日(火曜)まで
予算の執行状況によって申請期間内であっても締切る場合もあります。

手続きの概要

申請

那覇市商店街活動支援金給付申請書兼実績報告書(第1号様式)に必要書類を添付の上、なはまち振興課(本庁舎6階)へ提出してください。申請回数は1団体につき1回限りとします。
コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、できるだけ郵送での提出をお願いします。郵送の際は、特定記録郵便またはレターパックでの送付をおすすめします。
【必要書類】
(1)団体調書(第1号様式の2)
(2)誓約書(第1号様式の3)
(3)商店街に加盟する会員店舗名簿及び役員名簿(第1号様式の4)
(4)定款・規約等の写し
(5)支援金の申請及び活用予定が承認された総会等の議事録の写し
(6)資金状況を確認できる書類(令和元年度及び令和2年度決算書等)の写し
(7)会費減免等により、会費収入の減少がわかる書類の写し(決算書、帳簿等)
(8)商店街の活性化に資する活動実績が確認できる書類(総会書類等の写し)
(9)振込先口座の預金通帳(表紙及び表紙裏面のフリガナ記載のある頁)の写し
(10)その他市長が必要と認める書類
【提出先】
〒900-8585
那覇市泉崎1丁目1番1号 6階
那覇市役所 経済観光部なはまち振興課 地域商店街活性化グループ

給付の決定

書類審査及び必要な調査等を行い、交付すべきと認めた場合は予算の範囲内で決定します。
審査結果は、支援金給付決定兼確定通知書または支援金不給付決定通知書によって通知します。
給付の時期は、給付決定の通知から30日以内に指定の口座に振込みます。

その他 

・支援金の給付を受けた団体名や金額については、商店街の活性化に取り組む団体として、より多くの市民に知っていただくために、那覇市ホームページで公表する事があります。
・支援金に係る関係書類等については、支援金の給付を受けた日の属する会計年度の終了後5年間保存してください。
・この支援金の使途について、必要があると認められた場合は、調査し又は報告を求めることがあります。

ダウンロード

お問い合わせ

経済観光部 なはまち振興課 地域商店街活性化グループ

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎6階
メールアドレス:K-NAHA001@city.naha.lg.jp

電話:098-867-5260

ファクス:098-863-1752