【情報提供】持続化給付金(経済産業省)

更新日:2020年6月29日

【情報提供】持続化給付金(経済産業省)

経済産業省が実施する「持続化給付金」の概要について、お知らせいたします。
申請要領等の詳細は、以下のホームページをご覧ください。
持続化給付金事務局
https://www.jizokuka-kyufu.jp/(外部サイト)
経済産業省
https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html(外部サイト)

※申請方法は、原則、電子申請(インターネット申請)となります。

※支援対象者の拡大について(6月29日より)

この度、これまで対象となっていなかった、以下の事業者が新たに対象となりました。
1 主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者
2 2020年1月~3月の間に創業した事業者
※どちらのケースも、収入が50%以上減少していることが条件です。
※従来の申請と比べて、ご提出いただく書類が変わりますのでご注意ください。
詳細は以下のパンフレットをご覧ください。
パンフレット:持続化給付金支援対象者の拡大について(PDF:410KB)

※申請サポート会場の開設について(5月14日より)

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場が開設されています。
申請サポート会場では、補助員が電子申請の入力サポートを行います。
那覇会場:なは市民協働プラザ(那覇市銘苅2-3-1)
感染拡大を避けるため、申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。
(WEB予約、または電話予約)
来訪予約は、下記のサイト及び専用ダイヤルからお申し込みできます。
持続化給付金事務局 https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/(外部サイト)

申請サポート会場 受付専用ダイヤル(自動ガイダンス)
0120-835-130  受付時間:24時間対応
申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)
0570-077-866  受付時間:平日、土日祝日ともに9:00~18:00

※申請にあたり、GビズIDを取得する必要はありません。
(那覇市役所では受付業務を行いません)

制度の概要について(経済産業省ホームページより抜粋)

持続化給付金とは

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。

給付対象者

・新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者が対象
・資本金10億円以上の大企業を除き、中堅、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象
・医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象

対象要件
(1) 法人は、2020年4月1日時点において、次のいずれかを満たすことが必要です。ただし、組合若しくはその連合会又は一般社団法人については、その直接又は間接の構成員たる事業者の3分の2以上が個人又は次のいずれかを満たす法人であることが必要です。
1.資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。
2.資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。
(2) 2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
(3) 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(以下「対象月」という。)が存在すること。
※対象月は、2020年1月から申請する月の前月までの間で、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月のうち、ひと月を任意で選択してください。
※対象月の事業収入については、新型コロナウイルス感染症対策として地方公共団体から休業要請に伴い支給される協力金などの現金給付を除いて算定することができます。

給付額

原則、法人:200万円、個人事業者等:100万円
ただし、前年からの売上の減少分(計算式は以下のとおり)を超えないものとする。
■減少分=(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています。
※2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者の方に選択いただきます。

申請方法等

※申請方法は、原則、電子申請(インターネット申請)となります。
持続化給付金事務局 https://www.jizokuka-kyufu.jp/(外部サイト)

申請サポート会場の開設について(5/14より)

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場が開設されています。申請サポート会場では、補助員が電子申請の入力サポートを行います。
感染拡大を避けるため、申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。
(WEB予約、または電話予約)
サポート会場の場所、予約方法等の詳細は、下記のページをご覧ください。
持続化給付金事務局 https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/(外部サイト)

※申請にあたり、GビズIDを取得する必要はありません。
(那覇市役所で受付業務を行いません)

お問い合わせ

持続化給付金事業コールセンター:0120-115-570
(IP電話等からのお問い合わせ)03-6831-0613(通話料がかかります)
受付時間:8時30分から19時
※5月・6月(毎日)、7月から12月(土曜日を除く日曜日から金曜日)

沖縄総合事務局電話相談:098-866-1755
※平日、土日祝日ともに9時から17時