通学付き添いボランティア

更新日:2019年3月18日

市内レポート

通学付き添いボランティア

[日時]平成27年2月26日 7時30分~
[場所]那覇市内

朝7時半。ファミリーサポートの支援員に児童を託し、バス到着までの約45分間児童と一緒にすごします

 
はいたい!広報担当です。
 
那覇市社会福祉協議会(社協)の「那覇市ボランティア活動支援センター」では、ボランティアを「必要とする方」と「したい方」を結ぶ支援を行っています。
センターの広報紙で掲載されている「通学付添いボランティア募集」。何度か目にしたことから、保護者の了解を得てお話しを伺いました。
 
玉城 陸さん(仮名)小学生は知的障がいの男の子です。3名きょうだいのいちばん上。月曜から金曜日まで支援学校に通っていますが、学校のバスが8時~8時半までの間に迎えがきます。陸さんのお父さん、お母さんは8時半からお仕事のため、朝の付添いが難しい状況です。そのため、その時間帯に有料のファミリー・サポート・センター(ファミサポ)を利用(1時間600円)しています。しかし日々の経済的負担も多く、また陸さんに慣れたファミサポの支援員の方は一人だけ。毎日のことなので支援員にも負担が多いことから、ボランティアを募集しています。取材に行ったこの日は新しいボランティアの方のお試し支援日でした。
 
保護者の方には仕事の選択に大きな制約があります。また、保護者の体調不良や経済的な理由で児童を登校させることができない場合もあるそうです。
だれもが住みよいまちをめざして、地域でも支援できる体制が求められていると感じました。
 
[掲載日:平成27年3月23日]

お問合わせ先

通学付き添いボランティアセンター【電話】098-857-7766(那覇市社会福祉協議会内)
取材:秘書広報課【電話】098-862-9942

お問い合わせ

総務部 秘書広報課

〒900-8585 沖縄県那覇市泉崎1丁目1番1号 市庁舎5階

電話:098-862-9942

ファクス:098-869-8190