TOP > 組織・電話番号 > ちゃーがんじゅう課 > お知らせ > 介護保険住宅改修について

介護保険住宅改修について


 介護認定をお持ちの方で手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をした場合、20万円を上限とした改修費用に対して、償還払いによる保険給付が受けられます。その際、負担割合が1割の方は最大18万円、2割負担の方は最大16万円の保険給付が受けられます。

 ※支給を受けるためには必ず事前申請をし、承認を受ける必要があります。着工済みの工事に関しての支給はできませんのでご注意ください。
 ※償還払いとは、一旦全額自己負担していただき、後日保険給付を受ける支払い方法です。


介護保険でできる住宅改修
 

○廊下や階段、浴室やトイレなどへの「手すりの設置」

○「段差解消」のためのスロープ設置など

○滑り止め防止などのための「床または通路面の材料の変更」

○引き戸などへの「扉の取り換え」

○和式便器から洋式便器への「便器の取り換え」

 ※上記の改修にともなって必要となる工事も支給の対象になります。

介護保険 住宅改修費の支給について(PDF/200KB)

  福祉住環境コーディネーターの資格を持つ改修業者の一覧はちゃーがんじゅう課給付グループで配布しております。

image01

ページトップ