TOP > 組織・電話番号 > 地籍調査課 > 地籍調査の効果

地籍調査の効果

地籍調査は、次のような効果が期待できます。

1.土地境界をめぐるトラブルの未然防止
 ・一筆ごとの土地の境界が地権者の立会のもとに確認され、その結果が数値データにより記録・
  保存されるため、将来の境界紛争が未然に防止されます。
 ・土地取引や相続が円滑にできるようになり、個人資産の保全及び地域の安心につながりま
  す。

2.登記手続きの簡素化・費用縮減
 ・地籍調査の成果を現地復元することにより、登記手続きのための境界確認作業がスムーズ
  に行われます。
 ・登記手続きに要する費用も大幅に削減される場合があります。

3.土地の有効活用の促進
 ・地籍が明確化されることにより、土地取引や開発事業の用地取得が円滑となり、土地の
  流動化や有効利用を推進するための基礎ができます。

4.建築物の敷地に係る規制の適用の明確化
 ・土地一筆ごとの境界を明確にした大縮尺の地図(市街地で1/500程度)が作成されるため、
  建築物の敷地にかかる規制の適用を明確化することができます。
 ・これにより、都市計画制限にかかる相談や建築確認等の事務もスムーズに行うことが可能と
   なります。

5.各種公共工事の効率化・コスト縮減
 ・地籍調査を事前に行っていれば、計画当初から取得すべき土地の正確な境界や面積を知る
    ことができ、地籍の状況を踏まえた計画立案がなされます。
 ・すでに地権者により確認された境界を現地復元することにより、円滑な用地取得が行われ、
  各種事業の円滑な推進に寄与します。

6.公共物管理の適正化
 ・地籍調査を行うことにより公共物の敷地の境界が明らかとなり、道路台帳など各種公共物の
  台帳整備に役立ちます。
 ・境界確認申請への効率的な対応が可能となります。
 ・官民境界を明らかにすることにより、住民負担の軽減が図られます。

7.災害復旧の迅速化
 ・個々の土地境界の位置が地球上の座標値と結びつけられ、成果が数値的に管理されることに
    なるため、万一の災害の場合にも境界を正確に復元することができ、復旧活動に迅速に
    とりかかることが可能となります。
  ※ 東日本大震災被災地の復旧工事においては、地籍調査実施の有無によって、その進捗に
          差があります。

8.課税の適正化・公平化
 ・土地一筆ごとの正確な地目や面積が把握されるため、課税の適正化、公平化を図ることが
  できます。 
 ・成果を数値的に管理することにより、課税事務に必要な土地異動情報を正確かつ効率的に
  把握できるようになります。

9.GISによる多方面での利活用
 ・数値データによる大縮尺の地図(市街地で1/500程度)が作成されるため、GIS構築の
  ベースマップとして利用できます。
 ・一筆ごとの地籍情報(境界、面積、地目、所有者)を、位置を基準とするさまざまな属性情報と
    結び付けて利用することができます。


Topへ

image01

ページトップ