福祉・介護職員処遇改善(特別)加算

 この加算は、障がい福祉サービス等に従事する福祉・介護職員の賃金改善に充てることを目的に創設されたものです。

事業主が福祉・介護職員の資質向上や雇用管理の改善を行うことで当該職種の社会的・経済的な評価が高まっていく好循環を生み出していくことが重要であることを踏まえ、平成27年度の報酬改定で加算が拡充されました。今般、障害福祉人材の職場定着の必要性、障害福祉サービス事業者等における昇給や評価を含む賃金制度の整備・運用状況などを踏まえ、事業者による、昇給と結びついた形でのキャリアアップの仕組みの構築を促すため、平成29年度の報酬改定においてさらなる加算の拡充を行うこととなりました。

image01

ページトップ