TOP > 組織・電話番号 > 障がい福祉課 > 自立支援医療受給者証(精神通院)

自立支援医療受給者証(精神通院)

 「自立支援医療」は、指定の医療機関で医療を受けた場合、医療費の補助が受けられます。所得等に応じて自己負担の上限額が決められていますが、沖縄県では精神通院医療費特別公費負担制度(復帰特別措置法)の適用により全額が公費負担となり、自己負担分はありません。ただし、訪問看護事業所の訪問看護については、特別公費負担制度の対象にはなりません。対象者は、精神保健福祉法第5条に定める精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する程度の病状にあるものです。なお、現在病状が改善していても、その状態を維持し再発を予防するために、通院医療を継続する必要のある場合も対象となります。詳しくは、主治医の先生とご相談してください。受給者証の有効期間は1年間で、有効期限の3カ月前から再認定の手続きができます。

image01

ページトップ