TOP > 組織・電話番号 > 市民生活安全課 > 消費生活 > 「買い取る」を口実にした外国通貨の取引にだまされないで!

「買い取る」を口実にした外国通貨の取引にだまされないで!

国内では換金が困難な外国通貨(イラクディナールとスーダンポンド)の取引について注意喚起を行っていますが、今年度に入ってからアフガニスタンの通貨の相談が全国の消費生活相談窓口に多数寄せられています。さらにベトナムの通貨やリビアの通貨の相談も増加しているようです。
外国通貨取引の相談傾向としては、以前、未公開株や社債、海外先物取引等の投資トラブルに遭った消費者に対して「過去に購入した未公開株等を買い取る代わりに、外国通貨を購入してほしい」と持ちかける手口に特徴があり、契約当事者は70歳以上の高齢者が圧倒的に多いようです。
詳しくは国民生活センターのホームページをご覧下さい。市民の皆様もご注意下さい。

国民生活センターホームページ
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20111027_2.html

image01

ページトップ