TOP > 組織・電話番号 > 建築指導課 > シックハウス対策

シックハウス対策

 平成15年7月より、建築基準法においてシックハウス対策のための規制が施行されました。シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、建築物に使用する建材や換気設備を規制する内容となっています。
対象は住宅、学校、オフィス、病院等、すべての建築物の居室となります。
新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると様々な健康に有害な影響が出るおそれがあります。

image01

ページトップ