TOP > 組織・電話番号 > 建築指導課 > 建築物省エネ法について

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律について

 「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(以下「建築物省エネ法」という)が平成28年4月1日から施行されています。
 建築物省エネ法は、社会経済情勢の変化に伴い建築物におけるエネルギーの消費量が著しく増加していることに鑑み、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、誘導基準に適合した建築物の容積率特例認定制度(以下「性能向上計画認定」という)及びエネルギー消費性能基準(以下「省エネ基準」という)に適合している旨の表示認定制度(以下「基準適合表示認定」という)による『誘導措置(任意)』(平成28年4月1日施行)と、大規模な非住宅建築物の省エネ基準への適合義務等による『規制措置(義務)』(平成29年4月施行予定)を講じたものとなっています。

・建築物省エネ法の概要パンフレット(平成28年3月11日)

image01

ページトップ