TOP > 組織・電話番号 > 那覇市保健所 > 地域保健課 > 医療費助成グループ > 不妊に悩む方への特定治療支援事業について

不妊に悩む方への特定治療支援事業について

事業の概要

那覇市では、指定医療機関で特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けられた夫婦に対し、経済的負担の軽減を図ることを目的として、不妊に悩む方への特定治療支援事業を実施しています。

お知らせ

1.  平成29年3月31日までに治療が終了している平成28年度分の助成金申請の受付は終了いたしました。


2.  平成28年度より、国の制度改正に伴い、新制度へ移行しました。

 変更1【助成内容】

     変更前  初年度3回、2年度目以降は年度内2回を限度に通算5年度間(ただし合計10回まで)

                 平成26年4月1日以降に新規(通算1回目)の申請となる方のうち、治療開始日の時点で
                 39歳までの方は年度内の回数制限なく、通算6回まで


     変更後 初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が

        40歳未満の方  43歳になるまでに通算6回まで

           40歳以上の方  43歳になるまでに通算3回まで


    
新制度の年齢および申請開始年度による助成条件の確認は、厚生労働省のリーフレットをご参照ください厚生労働省 制度改正に伴うお知らせ(リーフレット) PDF/778KB
   
  

 変更2【助成対象条件】
     変更前  限度無し

     変更後   限度有り(治療開始日の時点で妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外。)


3. 平成27年度の国の補正予算成立に伴い、本事業の助成が拡充されることになりました。

  ①本事業の助成の申請が初回の場合、助成額の上限を30万円に増額。   
    ※治療区分C及びFの治療は除く。
    
  ②男性不妊治療の助成を拡大。
     特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合に、15万円まで助成。  ※治療区分Cの治療は除く。  


1.助成対象者

助成の対象となるのは、次の要件すべてに該当する方です。

(1)治療開始日の時点で法律上の婚姻をしている夫婦であること。
  (2)治療開始日の時点で妻の年齢が43歳未満であること。
(3)夫婦の両方またはいずれか一方が那覇市に住民票を有していること。
(4)夫婦の所得の合計額が730万円未満であること。(1月から5月までの申請については前々年、6月から12月までの申請については前年の所得)
※合計所得については下記の「所得の計算方法」をご確認ください。 
(5)特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に判断されたもの。
(6)指定医療機関において特定不妊治療を終了したもの。
   所得の計算方法(PDF/4KB)

2.対象となる治療と助成額

別表に掲げるものが対象となります(採卵後、医師の判断でやむを得ず中止した場合も含む)。

3.対象としない治療

(1)夫以外の第三者からの精子の提供による不妊治療
(2)代理母(妻が卵巣と子宮を摘出したことなどにより、妻の卵子が使用できず、かつ、妻が妊娠
できない場合に、夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学的な方法で注入して、当該第三者
が妻の代わりに妊娠・出産するもの)
(3)借り腹(夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入し、当該
第三者が妻の代わりに妊娠・出産するもの)
(4)健康保険適用の不妊治療・不妊検査及び人工授精

4.助成内容

 助成の対象となるのは、指定医療機関で受けた特定不妊治療(保険外診療)に要した費用とします。1回の治療につき上限額15万円(初回申請の場合は30万円、治療内容によって7万5千円)を助成します。

 ※特定不妊治療のうち精子を精巣または精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を行った場合は、上記の他、1回の治療につき15万円まで助成します。(ただし、治療区分Cの治療を除く。)

      初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が
         40歳未満の方  43歳になるまでに通算6回まで
         40歳以上の方  43歳になるまでに通算3回まで

  ※対象期間中の助成金交付を保証するものではありません。
  ※過去に他自治体で本制度による助成を受けている場合は、助成実績を合算します。
  ※ご提出いただいた助成対象の領収書の金額から、消費税額を除いた金額が助成対象額となります。
  ※受精胚等の管理料、入院費、食事代、文書料および消費税は助成の対象となりません。

5.指定医療機関

県内医療機関 ※平成29年3月1日現在

ウィメンズクリニック糸数(那覇市泊1-29-12 TEL:098-869-8395)
うえむら病院(旧上村病院)(中城村南上原803-3 TEL:098-895-3535)
豊見城中央病院産婦人科(豊見城市上田25 TEL:098-850-3811)
琉球大学医学部附属病院産婦人科(西原町上原207 TEL:098-895-3331)
アドベンチストメディカルセンター(西原町幸地868 TEL:098-946-2837)
空の森クリニック(旧アルバ沖縄クリニック)(八重瀬町字屋宜原229-1 TEL:098-998-0011)
  やびく産婦人科(北谷町字砂辺306 TEL:098-936-6789)

県外医療機関について

 沖縄県外の医療機関についても、所在する都道府県・指定都市・中核市において指定を受けている場合、対象となります。 
 詳細は、厚生労働省ホームページをご参照ください。

6.申請期限についての注意

治療終了日(第2号様式の「今回の治療期間」の終了日)の属する年度内(4月~翌3月)に申請してください。
  期間を過ぎた申請については、受付できませんのでご注意ください。
 
 ※年度末(3/1~3/31)に治療が終了した場合に限り、翌月の4月末まで受付をいたします。
 ※治療終了後は、速やかに申請をしてください。申請(助成)額が助成予定額に達した場合、年度途中であってもその時点で受付を終了いたします。

7.申請時に必要なもの

平成29年度 那覇市 不妊に悩む方への特定治療支援事業のご案内(リーフレット)(PDF/197KB)をご参照ください。
  平成29年度 那覇市「不妊に悩む方への特定治療支援事業」申請時の注意事項(PDF/10KB)

8.確定申告について

確定申告(医療費控除の申請)をする場合は、先に助成金申請を済ませてください。
  確定申告後の助成金申請は受付できませんので、十分ご注意ください。

9.申請受付

 申請場所:那覇市保健所 1階 母子・難病相談室
 受付時間:(土曜、日曜日、祝日、慰霊の日、年末年始を除く) 
           午前9時~12時、午後1時~5時

10.助成金の交付方法

助成が承認された場合は、申請日から約2ヶ月前後で申請者本人に文書で通知し、その約1~2ヶ月後にご指定の口座に助成金を振り込みます。他市町村から那覇市へ転入されている場合や夫婦の一方が他市町村に住所を有する場合は、他自治体での助成状況を確認させていただきますので、決定まで日数を要します。

11.お問い合わせ先

那覇市保健所 地域保健課 医療費助成グループ
〒902-0076 
  沖縄県那覇市与儀1丁目3番21号
  電話098-853-7962

申請はこちらから

  • 用紙をダウンロードして申請する
    不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書
    (両面印刷)
    PDFファイル
    不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書 PDFファイル
    個人情報目的外利用についての同意書 PDFファイル
    不妊に悩む方への特定治療支援事業請求書 PDFファイル

    【関連サイトへのリンク】
     
    ※債権者登録申請書のダウンロードについてはこちらをご覧ください。

image01

ページトップ