TOP > 組織・電話番号 > 那覇市保健所 > 生活衛生課 > 食品衛生グループ > 提供する料理へアレルギー表示をしましょう!

 飲食店の皆様へ 

 

 提供する料理にアレルギー表示をしましょう! -ピクトグラムの活用-

 

 

 ※ピクトグラムとは、言葉で説明をしなくても情報が伝わることを目的として単純化された視覚記号(イラスト)のこと。

 
≪アレルギー物質の表示について≫ 

 容器包装された加工食品には、特定の食物アレルギー疾患を有する方の健康被害の発生を防止する観点から、原材料としてアレルギー物質が使用されている場合に必ず表示しなければならない7品目と表示が勧められている20品目が指定されています。
 必ず表示しなければならない7品目を特定原材料といい、発症数が多いもの、重篤な症状に至ることが多いものが定められ、
また、表示が勧められている20品目は特定原材料に準ずるものといい、過去に一定の頻度で健康被害が報告されているものが定められています。

 一方、対面販売や店頭での量り売り、飲食店等で提供される食品には、アレルギー表示を含む食品表示法に規定する表示の義務はありません。
 しかし、アレルギー疾患は、ときには命に関わる重篤な症状に至る場合もあるため、対面販売等を行う場合や飲食店等においても、アレルギー物質の情報提供が望まれます。

 アレルギー物質を含む原材料の把握に努めるとともに、食物アレルギー疾患を有する方に対する情報提供の充実を図っていただくよう、積極的にアレルギー物質の表示等をお願いします。

特定原材料
(義務表示)
乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに
特定原材料に準ずるもの
(推奨表示)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、
牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつ
たけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン



≪飲食店等でできる食物アレルギー表示等の取組み事例≫

 事例① ホームページ等の活用
 店のホームページ等がある場合、アレルギー物質に関する情報を公開する。

 事例② メニュー等での注意喚起
 客が安心してメニューが選択できるよう、メニュー等にアレルギー物質を表記する。

 事例③ 正確な情報管理
 店で使用している原材料のアレルギー物質について正確な情報を把握し管理する。アレルギー物質が不明な原材料は事前に商品規格書等で確認する。

 事例④ 従業員の教育
 客からアレルギー物質に関する質問があった場合、返答する従業員にはアレルギーに関する正しい知識と正確な対応が求められるため、従業員教育には定期的にアレルギー教育を導入する。


≪関連リンク≫

 沖縄県文化観光スポーツ部観光整備課が発刊した観光事業者向け食物アレルギー対応ガイドブック『食物アレルギーゆいまーるブック』に掲載されているアレルギーのピクトグラム等もございますので、ご活用ください。(ピクトグラムはガイドブックの9ページに掲載)


『食物アレルギーゆいまーるブック』(PDF:12.33MB) http://okibf.jp/pref/files/2017/yuimaru_book.pdf

image01

ページトップ