TOP > 組織・電話番号 > 那覇市保健所 > 保健総務課 > 結核感染症グループ > 感染症 > ジカウイルス感染症について

ジカウイルス感染症について

沖縄県内の発生状況について

 平成28年9月6日時点、県内での発生はありません。(日本国内では4例の輸入症例が報告されています)

ジカウイルス感染症とは

 ジカウイルスが感染することによりおこる感染症で、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状です。症状がないか、症状が軽いため気付かないことも多いようです。
 ジカウイルスを持った蚊がヒトを吸血することで感染します。感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではありません。(ごく稀に、献血や性交渉により感染することがあります。)現在、日本国内にジカウイルスを持った蚊は見つかっていません。詳細は末尾の参照サイトを参照下さい。

注意すること

 ジカウイルス感染症は重症化することはほとんどありませんが、流行地域へ渡航する場合は、長袖・長ズボンを着用したり、蚊の忌避剤(虫よけスプレー等)を使用したりして、蚊に刺されないように注意してください。
 特に、妊婦の方は、流行地域への渡航は控えてください。最新の流行地域情報は末尾の参照サイトから入手して下さい。
 稀ですが、性交渉による感染もあるようです。流行地域から帰国した男性で、妊娠中のパートナーがいる場合は、パートナーの妊娠期間中は、症状の有無にかかわらず、性行為の際にコンドームを使用してください。


情報発信元    那覇市保健虚 保健総務課 結核感染症G
郵便番号 9020076
住所 沖縄県那覇市与儀1丁目3番21
電話番号 0988537971
FAX 0988537967

image01

ページトップ