TOP > 組織・電話番号 > 企画調整課 > お知らせ > 第5次総合計画の市民提案の素案に対する意見を募集します

平成28年6月にスタートした「なは市民協働大学院」では、第5次那覇市総合計画における市民提案の策定に取り組んでいます。
これまで、5つのグループに分かれそれぞれの担当する分野での“めざすまちの姿”(=基本構想)とそれを実現するための施策(=基本計画)の検討を進めてきました。
この度、各グループの素案ができましたので、これに対する市民のみなさまのご意見を募集します。「なは市民協働大学院」では、現在も市民提案の検討を行っており、広く市民のみなさまからご意見を頂き、さらに検討を重ねていくこととしております。
また、5つの“めざすまちの姿”をまとめたキャッチフレーズもあわせて募集しています。


自治・協働・平和・防災・防犯・男女参画・人権の分野においてめざすまちの姿

多様なつながりで共に助け合う
~小さな「わ」でつながる大きな「WA」~

【めざすまちの姿に込めた想い】
「防災・防犯の基礎は自治・協働」というビジョンを基に10年間をかけて防災・防犯の那覇市を創っていきたいと考えました。
都市化された那覇市は、自治会加入率が低く地域のつながりが弱いと思われがちですが、スポーツや趣味などのサークル活動は盛んに行われています。小さなつながりを大きなものにして自治・協働のまちづくりを10年間をかけてコツコツと行っていきたいと考えました。
そのための取っ掛かりとして、非日常を想定した防災に関する活動から自治・協働・平和・男女参画・人権の都市を築いていきたいと考えています。非常時においては、市民・企業・行政がそれぞれの役割を果たさなければなりません。日常から非日常を意識した取組みを行うことで、小さな「わ」でつながる大きな「WA」をつくっていきたいと考えています。
まちづくりの基礎は、自助、近助、互助、共助、公助であると考えますが、まちづくりにおいて最大の障壁となるものが無関心であることです。サークル活動などが小さなコミュニティを形成していることを再確認し、正確な情報でまず自助、おせっかいを焼いて近助、みんなで備えて互助と共助、最後に計画性のある行政の公助でつながるまちをめざします。
近助とは、おせっかいを基本にした自然に出てくる助け合いを指す言葉として第5次総合計画のために作った造語です。

自治・協働グループの市民提案

保健・福祉・医療の分野においてめざすまちの姿

私らしく生きるしあわせを お互いに輝き、支え合うまち

【めざすまちの姿に込めた想い】
全ての人、どの世代の人も「私らしく」暮らせる、温かな支え合いの絆があるまちをめざします。
那覇市では、健康診断を受けている若者の割合が低いため、年齢を重ねて内臓疾患を患う人の割合が高くなる傾向があります。健康なうちから早期発見・早期治療に取り組むような意識改革が必要です。健康であることに感謝し、生きがいになる仕事をすることができ、将来に夢を持てる使命感と感謝でつながる絆をつくります。
障がいがあっても私らしく生きることができ、介助が必要になっても心配がいらない環境が整い、ほかの人と違っても、個人や個性を尊重し多様な生き方が認められる「ありがとう」がつなぐ絆をつくります。
お年寄りが敬われ笑顔に元気に過ごし、子どもがお年寄りの愛情を受け育まれ、働き盛りの世代が仕事も子育ても介護も夢と希望を持てる地域と世代がつながる絆をつくります。

保健・福祉グループの市民提案

子ども・教育・文化の分野においてめざすまちの姿

豊かな学びと文化が薫るわったー自慢のふるさと那覇

【めざすまちの姿に込めた想い】
那覇市に愛着を持つ人がさらに増えるよう、那覇市の良さを再発見し、世代を超えた絆で若者が輝くまちづくりを進め、那覇市を旅立っていった方々もいつかは戻りたい私たちの自慢のふるさととしての発展をめざします。
世代を超えた多様な文化が花咲き、文化・芸術・教育に関心の高い華やぐ文化が薫るまちづくりを進めます。
こどもの夢が広がり、こどもを育てる幸せを感じる子育て環境が整ったまちづくりを進めます。
いつでもだれでも気軽にスポーツを楽しみ、学びたい時に学べる環境をつくり豊かな学びを“うまんちゅ”が実践できるまちづくりを進めます。

子ども・教育グループの市民提案

観光・産業・情報の分野においてめざすまちの姿

ふれあう つながる ひろがる 国際都市てんぶす なは

【めざすまちの姿に込めた想い】
かつて私たちの祖先は万国津梁の精神でアジアの国々と貿易を行ってきました。現在、那覇空港の第2滑走路の整備が進められており、世界のハブになる可能性を秘めています。人と人がふれあうことでつながりがうまれ、その輪が広がっていくことで絶えず人が行き交う賑わいのあるまちをめざします。
32万市民が「なーふぁ観光大使」となり“なはらしい”おもてなしで世界が集う国際都市をめざします。
“なはならでは”のサービス・ものづくりをプロデュースできる人材の育成と雇用の促進、観光と産業を融合させた“なはらしい”ビジネスモデルを創出し産業の振興をおこないます。
伝統文化を継承しつつ、国際的新文化創出と支援を促進することで文化都市としての魅力向上を図ります。

観光・産業グループの市民提案

環境・都市基盤の分野においてめざすまちの姿

都市機能と自然環境が調和した世界に誇れるまち

【めざすまちの姿に込めた想い】
個性ある歴史・文化・自然環境の魅力がより一層引き立つ、安全・安心で快適に暮らし、世界の人々も住みたい・住み続けたいと思えるまちをめざします。
那覇市の自然環境は、戦争によって壊滅的なダメージを負い、戦後は都市開発が優先されたことにより大きく変化してきました。市内に残った貴重な自然環境を後世に残し、新たな潤いのある都市環境を創出します。そして、亜熱帯性気候に属する離島県である本市の生態系をまもり、地球環境にやさしいまちをめざします。
人口減少による税収の落ち込みにより公共施設の維持管理が難しくなることが想定されることから、公共空間のリノベーションに取り組み、住みよく、楽しく、豊かなまちをめざします。
高齢者、障がい者、観光客を含め全ての人々が容易に移動でき、土地・建物が有効活用された快適で住みよいまちをめざします。

環境・都市基盤グループの市民提案

ご意見やキャッチフレーズの送付先

次の様式を使って郵送、FAXまたはメールでお寄せ下さい。
様式:ワード PDF
企画財務部 企画調整課(「なは市民協働大学院」行き)
〒900-8585
住所:那覇市泉崎1丁目1番1号
FAX:098-862-4263
メール:m-gyousei001@neo.city.naha.okinawa.jp
メールで送付する際は、件名を「第5次那覇市総合計画の市民提案の素案に対する意見」として送付して下さい。

image01

ページトップ