神奈川県川崎市との交流の歩み

 大正時代に沖縄から川崎の紡績工場に多くの人々が就職し、戦後にいたるまで多くの沖縄県人が川崎市民として生活していました。
 1950年には、川崎市在住の沖縄県人により「川崎沖縄芸能研究会」が発足し、毎年様々な行事で沖縄伝統芸能が披露され、1954年には神奈川県と川崎市より無形民俗文化財として「沖縄民俗芸能」が指定さました。
 また、川崎市出身の人間国宝・濱田庄司氏が那覇市壷屋の陶工と深い親交を結び、壷屋焼を全国に知らしめる役割も果たされました。
 このような文化的交流を背景に、1995年川崎市の文化協会、沖縄県人会、沖縄芸能研究会や町内会連合会など9団体の連名で「川崎市と那覇市の友好都市締結の要請書」が提出され、友好都市締結の気運が盛り上がり、同年12月川崎市助役が那覇市を訪れ友好都市協定の提案がなされました。
 1996年3月には那覇市議会で全会一致で友好都市締結が議決され、1996年5月20日、川崎市長、川崎市議会議長や友好都市締結要請9団体代表をはじめとする川崎市代表団を那覇市に迎えて、平和と文化を機軸とした友好都市協定締結式が盛大に開催されました。

 西 暦 (元 号)

 事      項

1996年
(平成8年)




●5月20日、友好都市を締結
●那覇市にて友好都市締結記念植樹式を開催。ツツジ3本を植樹。
●友好都市締結記念「沖縄の集い」にて親泊市長が記念公演
●「かわさき市民まつり」に100名のエイサー隊派遣
●「かわさき市民まつり」で那覇の物産と観光展開催
●川崎市にて開催された友好都市締結記念植樹式に助役が出席。
 デイゴ3本が植樹された。
●沖縄体験市民交流ツアー一行来覇

1997年
(平成9年)
●小学ミニバスケットボール大会に那覇市選抜チーム派遣
●沖縄体験市民交流ツアー一行、那覇市来訪
1998年
(平成10年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(中学女子)に那覇市選抜チーム派遣
1999年
(平成11年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(小学女子)に小禄南エンジェルス派遣
2000年
(平成12年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(中学男子)にチャイルドSCジュニアを派遣
2001年
(平成13年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(小学男子)に大名メッツを派遣
2002年
(平成14年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(中学女子)に那覇市選抜チーム派遣
●職員交流事業として、那覇市から神里崇乃さんを、川崎市総合企画局・政策部
 へ派遣(1年間)
●川崎市教育委員会一行9名「社会教育研究全国集会」参加のため来覇
 本市平和ガイドの案内により南部戦跡見学
2003年
(平成15年)
●川崎市友好自治体スポーツ交流会(小学女子)に那覇市選抜チーム派遣
●職員交流事業として、那覇市から照屋初美さんを、川崎市総合企画局・政策部
 へ派遣(1年間)
2004年
(平成16年)

●川崎市友好自治体交流会(中学男子)に那覇市内の中学生10名を派遣
●職員交流事業として、那覇市から儀間規予子さんを、川崎市総合企画局・政策部
 へ派遣(1年間)

2006年
(平成18年)
●3月17日~18日、「アジア交流音楽祭」「かわさきアジアンフェスタ」に参加。
 エイサー演舞が披露された。
2008年
(平成20年)
●4月26日~28日、壷屋小と城北小の児童8名が川崎市を訪れ、ゴーヤーを贈り、
 「ゴーヤーの架け橋」として交流
●7月31日~8月3日、川崎の児童が【川崎市ふれあいサマーキャンプ】で来覇。
 キャンプ、市内散策などをして交流
2009年
(平成21年)
●7月30日~8月2日、川崎市の児童20名が「川崎市ふれあいサマーキャンプ」
 で来覇。自然体験、工芸体験などをして交流。
2010年
(平成22年)
●7月29日~8月1日、川崎市の児童15名が「川崎市ふれあいサマーキャンプ」
 で来覇。自然体験、工芸体験などをして交流。



情報発信元 平和交流・男女参画課
郵便番号 900-0004
住所 沖縄県泉崎1丁目1番1号
電話番号 098-861-5195
FAX 098-861-4092


image01

ページトップ