TOP > 組織・電話番号 > 博物館 > お知らせ > 国宝尚家関係資料「金簪」複製品作製事業業務委託に係る一般競争入札の実施について

国宝尚家関係資料「金簪」複製品作製事業業務委託に係る一般競争入札の実施について

 10・10空襲や沖縄戦で多くの文化遺産を失った那覇市・沖縄県において、戦前に東京に渡り、1995年に沖縄に戻された尚家資料は、琉球国王家に伝世する資料として、その文化的価値から2006年に国宝に指定されました。「金簪」は「王冠」の附属品と位置づけられますが、金工品としての作製技術の高さから複製品の作製を行ない、オリジナルの保管を図りながら、広く展示公開します。そこで、複製品作製業務委託の入札を実施します。
 
国宝尚家関係資料「金簪」複製品作製事業業務委託入札の実施について(公告)(147KB/pdf)

image01

ページトップ