TOP > 住民のみなさま > 暮らしの情報 > 福祉・健康 > 那覇市予防接種について(小児)

<新着情報>

 MR(麻しん・風しん混合)2期 定期接種対象者へのご案内について 

今年度のMR2期接種対象のお子さんへ、4月12日(木)に通知を発送いたしました。

※2期接種対象は、「小学校就学前年の1年間(平成24年4月2日生まれ~平成25年4月1日生まれ)」のお子さんです。

※1期接種対象(1歳以上2歳未満)のお子さんへは、1歳になるときにご案内を送付しています。

 麻しん患者発生にかかる注意喚起 

沖縄県保健医療部地域保健課より注意喚起がありましたのでお知らせします。麻しんは空気感染し、現在でも麻しんウイルスに効く薬はなく、予防接種が最も有効な対策となっております。

定期の予防接種対象者につきましては、下記の「予防接種の種類」の表をご覧下さい。

※対象期間内に接種できなかった方につきましても、行政措置を設けておりますので、下表より詳細をご確認ください。

麻しん患者プレスリリースにつきましてはこちら

平成29年度B型肝炎ワクチン行政措置終了のお知らせ

那覇市では、平成28年4月1日以降に生まれた定期接種対象のお子さんが、1歳までに3回の接種が完了しないときは、不足分の回数を無料で接種できるよう行政措置を設けていましたが、
平成29930日をもって、終了いたしました。 

※1歳以上のお子さんが10月以降に接種した場合は、全額自己負担となります。

那覇市子宮頸がん予防ワクチン接種後の体調の変化に関する
   状況調査結果について

  平成27年11月4日から12月25日にかけて、子宮頸がん予防ワクチン接種後の体調の変化について実態調査を行いました。多くの方にご協力いただき、厚くお礼申し上げます。同調査の結果について情報提供いたします。
 なお、アンケートの回答で「現在も症状がある」と回答された方へ、必要に応じ個別に協力医療機関及び医療費救済制度の情報提供を行っております。

 →結果はこちら 状況調査結果について(PDF/1,2MB) ※平成28年8月12日到着分まで

 ※協力医療機関等については、下記の予防接種一覧表の子宮頸がんワクチン「※これから接種をされる方・すでに接種された方へ」をご覧ください。

 <重要> 
乳児のB型肝炎ワクチンが平成28年10月1日から定期予防接種となります。

平成25年4月1日以前に子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンを接種された方へ

平成25年4月1日以前に標記のワクチンを接種し、入院治療が必要な程度の疾病や日常生活が著しく制限される程度の障害等の健康被害を受けた方の救済を図る制度の医療費及び医療手当の請求期限は下記のとおりです。
  • 医療費:医療費の支給の対象となる費用の支払いが行われたときから5年以内。
  • 医療手当:請求に係る医療が行われた日の属する月の翌月の初日から5年以内。
  • 相談窓口は独立行政法人医薬品医療機器総合機構です。
    (TEL:0120-149-931  ご利用になれない場合は03-3506-9411(有料))

    救済給付請求に際し必要となる資料に関する留意事項について(PDF/103KB)

     

    予防接種-予防接種の種類-

    市が委託した病院などで受ける個別接種となります。
    予防接種を受ける際には親子手帳を持参し、病院へ事前に予約をして接種をして下さい。
     
       ※各種予診票の様式をダウンロードして事前に記入して病院へ行かれることをおすすめします。

     


    ※国外で予防接種を受けられた方へ※

    【外国語表記の予診票について(公益財団法人予防接種リサーチセンター)】
    ※医療機関様へ※
    予診票を使用する際は、使用実績報告書をダウンロードの上、公益財団法人予防接種リサーチセンター様へご報告よろしくお願いします。

     【外国語予防接種用語集について(岡山県 予防接種センター)】

    ※なお、ご不明な点につきましては、那覇市保健所 健康増進課までお問い合わせください。

    保護者の同伴なしで接種を受ける場合(※13歳以上に限ります)

    お子様の予防接種に当たっては、保護者の同伴が必要となっていますが、13歳以上のお子様に関しては、保護者が下記同意書の記載事項を読み、理解し、納得してお子様に予防接種を受けさせることを希望する場合に、下記同意書と別紙予診票に保護者自ら署名することによって、保護者が同伴しなくても、お子様が予防接種を受けることができます。

          ・日本脳炎予防接種保護者同意書(PDF/155KB)
          ・子宮頸がん予防ワクチン予防接種保護者同意書(PDF/164KB)


    申請書(離島・県外で予防接種をご希望の市民向け)

    離島・県外の市区町村で里帰り出産等により予防接種を希望する場合には届出が必要となります。下記の申請書に必要事項をご記入の上、那覇市保健所健康増進課健診予防グループまで提出してください。※接種料金は一旦自己負担をしていただき、必要書類を揃えて提出いただいた後、那覇市で定める上限額内で払い戻しいたします。詳しくは、那覇市保健所健康増進課へお問い合わせください。
          ・予防接種依頼書交付申請書(PDF/120KB)
          ・予防接種依頼書交付申請書記入例(PDF/40KB)

    長期療養により、定期予防接種を受けられなかった方へ

    定期予防接種(インフルエンザを除く)の対象であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等の特別な事情により対象期間内に定期予防接種を受けることができなったと認められる方については、定期予防接種の対象者として予防接種を受けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。



    医療機関向け(実施要綱・請求書・見積書・承諾書・副反応報告書・予防接種事故報告書)

     

    • 【予防接種事故報告書】
      予防接種事故報告書(PDF/84KB)
    •  

       

      【コッホ現象事例報告書について】

      BCG予防接種後7日以内に接種部位の発赤、化膿などが見られた場合、医師が「コッホ現象」と診断した場合は診断した医療機関は別紙「コッホ現象事例報告書」を保護者の同意を得て速やかに市町村長へ報告することとなっております。

       ・コッホ現象事例報告書

        提出先については、那覇市保健所 保健総務課 結核感染グループ(℡853-7964)


      お問い合わせ先

       

    ページトップ